テクノロジー・デザイン・eスポーツ業界で活躍する人を育成するための専門学校です。

資料請求

オープンキャンパス

MENU
twitter
twitter
Instagram
blog
LINE
YouTube
ゲームCGワールド

クラウド
ゲームエンジニア専攻

4年制
高度専門士
Cloud Game Engineer

目指せる
職種

  • クラウドゲームクリエーター
  • クラウドエンジニア
  • インフラエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • システムエンジニア
  • ゲームプログラマー など

ゲーム業界に欠かせない
ゲームサーバー・ネットワークの
エンジニアを目指します。

5Gの時代が到来し、これからはますます快適にオンラインゲームやクラウドゲームが楽しめるようになります。
次世代のゲームを作り上げるエンジニアを目指します。

より高度なIT技術とゲーム制作を学び
ゲーム環境を整える
ゲームクリエーターへ

グローバルに事業を展開する大手IT企業が続々とクラウドゲーム業界に参入しています。
すでにサービスを提供しています。

クラウドゲーム市場規模推移

国内クラウドゲーム市場、
2023年には10倍以上の成長見込み。

2019年の国内クラウドゲーム市場規模は、12.1億円と推計。「GeForce NOW」のスタートや、「PlayStation Now」のサービス改定、さらに今後見込まれる「Stadia」の国内サービス開始など、複数の強力なサービスの登場が起因し、2021年以降、大幅な成長が期待される。
国内クラウドゲーム市場規模推移
クラウドゲームの仕組みって?
広く知られているゲームはーモニターとゲーム機、コントローラーと繋がっており、コントローラーを操作することでゲーム機がコントローラーから入力された情報を処理して、モニターへ映しだされています。
クラウドゲームはこの構造の中の「ゲーム機部分」のみがクラウド上(外部環境)にあるというものです。クラウドゲームの仕組みはオンラインゲームや動画配信を見るときとよく似ています。
クラウドゲームの仕組み
クラウドゲームのメリット

ゲーム機もソフトも必要ない

クラウドゲームではサーバー側ですべての処理を行うためユーザーはゲーム機本体もソフトも用意する必要がありません。プレイしたいゲームタイトルに合わせてゲーム機を複数用意する必要がありません。

ゲームのインストールの必要がない

最近ではダウンロードソフトだけでなくパッケージソフトでもインストールが必要なことが多く、インストール完了までに時間がかかったり、更新があったりすることも多いです。クラウドゲームはインストールなしでゲームをプレイすることができます。

チート行為ができない

インストールをせずにプレイするためゲームデータの改ざんや不正を防ぐことができませんので、安心してプレイすることができます。
名古屋TECHでクラウドゲームを学ぶポイント

ポイント1

国内クラウドゲーム市場、
2023年には10倍以上の成長見込み。

ゲーム制作に必要なクラウド構築やサーバー、OSに関する知識と技術を習得します。

ポイント2

チームで取り組む
プロジェクトで現場力と
実践力を磨く

プランナー、プログラマー、キャラクターデザイナーの学生でチームを作りゲーム制作をしていきます。

ポイント3

高度専門士を取得して
大学卒業と同等の称号に

高度専門士は、業界・企業からの評価が高く大卒の学士と同等の待遇を受けることができます。また4年間好きなことをとことん学ぶことができます。

クラウドゲームエンジニア専攻

実践力を育む3つの特徴

ITエンジニアになるための最新の教育環境で学ぶ

01

ITエンジニアになるための
最新の教育環境で学ぶ

システムエンジニアになるためのIT環境が整っています。
また、専門的な授業はすべてIT企業との連携で実践的な授業を行います。
東京ゲームショウやJIKEI COM Game & e-Sports SHOW にゲームを出展!

02

東京ゲームショウや
JIKEI COM Game
& e-Sports SHOWに
ゲームを出展!

オリジナルゲームを制作して、業界で活躍するゲームクリエーターにあなたのゲームをPRできます。
ゲームもITも学べる!5G新時代に向けた知識と技術を身につける!

03

ゲームもITも学べる!
5G新時代に向けた知識と
技術を身につける!

ゲームプログラミングやゲーム制作、サーバー構築、ネットワーク演習を学びゲーム環境を整える次世代のゲームクリエーターを目指します。

基礎から実践まで

充実のカリキュラム

1st year

Basic slills

1年次 プログラミングの基礎を学ぶ

サーバーエンジニアとして必要なプログラミング基礎を学びます。ゲームプレイヤーからエンジニアへの視点を持つ時間となります。
1年次 プログラミングの基礎を学ぶ
2nd year

Thinking faculty

2年次 オンラインサーバーの構築、
運用について学ぶ

オンラインゲーム、クラウドゲームに欠かせないサーバー構築や運用を学びます。
2年次 オンラインサーバーの構築、運用について学ぶ
3rd year
4th year

Practiocal skills

3・4年次 挑戦を重ね、実践力を身につける

3年次と4年次では、業界特別ゼミやインターンシップなどを通してゲーム業界で働くための実践力を身につけます。在学中にトップクリエーターと触れ合うことで、感性に磨きをかけていきます。学んだ知識と経験をもとに完成度を高め、ゲームコンテストへの応募や「東京ゲームショウ」への出展に挑戦。すべての過程が就職活動の一環でもあり、社会へ出るための準備となる2年間です。
3・4年次 挑戦を重ね、実践力を身につける

時間割例

⇒横にスクロールすると全ての時間割が閲覧できます。

1時間目 コンピュータ
ベーシック
ネットワーク
基礎
ゲーム制作 インフラ実技 PHP基礎
2時間目 コンピュータ
ベーシック
ネットワーク
基礎
ゲーム制作 インフラ実技 PHP基礎
3時間目 キャリア
デザイン
プログラミング グローバル
コミュニケーション
グローバル
コミュニケーション
ゲーム企画
4時間目 グローバル
コミュニケーション
プログラミング グローバル
コミュニケーション
ゲーム企画
5時間目

授業内容

  • シューティングゲーム制作
  • 3Dアクションゲーム制作
  • バトル作成
  • ゲームエンジン
  • アナログゲーム企画制作
  • アイディアテクニック
  • 数列
  • 三角関数
  • N進法
  • アプリケーション開発
  • 会話型ロボット
  • スケジュール帳アプリ開発
  • データベース検索システムの制作
  • Python
  • インフラ実技
  • ポートフォリオ制作
  • プログラミング実習
  • ネットワーク演習
  • WEB制作
  • PHP基礎
  • PHP応用
  • セキュリティ概論
  • ゲーム制作
  • ゲーム企画
  • ゲームプログラミング
  • プログラミング演習
  • プログラム実装
  • シナリオライティング
  • グローバルコミュニケーション
  • デザインシンキング
  • デザインベーシック
  • コンピュータベーシック
  • キャリアデザイン
  • 進級制作
  • 卒業制作
  • チームマネジメント
  • クリエーティブワークショップ など

使用教材やソフト

  • SQL
  • PHP
  • HTML
  • Android Studio
  • Python など

カリキュラム例

#curriculum

ゲーム企画

企画書演習を通じてゲーム構造を理解していきます。また論理的思考力を養うため、「物事の因果関係」を意識するよう努めていく。
講義内で最新の業界情報や話題、クリエーターとしての啓蒙、モチベーションの向上もはかります。

#curriculum

ゲームゼミ

制作発表日を設定し、チームでゲーム制作を行います。トラブルや課題に自ら気づく問題解決力やチームワーク、作品をつくりあげる力を身につけます。
完成したゲームは卒業制作進級展や東京ゲームショウ、各種展示会で出展します。ゲーム開発の現場ではチームせ制作を行います。このため、業界で仕事をしていくためには、チーム制作の経験や考え方をしっかり習得しておく必要があります。
開発においては、義務感で行うのではなく、お客さんならどうして欲しいだろう?といった視点も養います。

#curriculum

C言語

Visual Studioをツールとして利用して、C++とDxLib(コンピュータゲーム開発用ライブラリ)を利用した文法・アルゴリズムの習得を行います。
授業の中では、例えばジャンプ中のあたり判定・垂直あたり判定などを学びます。ゲームソフト開発の基礎までを学びます。背景スクロール型のアクションゲームを完成できるようにします。

#curriculum

ゲーム制作

将来ゲームソフト開発に使用するアルゴリズムを習得するために必要なC言語の基礎的文法、常時使用するアルゴリズムのプログラムを自分自身の力で組み合わせて、自分の思考通りの処理が制作できるような力を付けます。
例えば、ブロック崩しゲームを制作しながら、タイマーイベントやマウスイベント、スコア、あたり判定などのプログラム方法を学びます。

#curriculum

コンピュータベーシック

Unityの基本操作、アセットストアの使い方に始まり、「音声、プログラム、アニメーション、エフェクト、UI、地形、カットシーン」など、サンプルゲームの作成を通してゲーム開発に最低限必要な機能の基本を学びます。

#curriculum

プログラミング演習

プログラム言語Pythonを使ったWEBアプリの開発をします。

#curriculum

PHP基礎

サーバーがユーザーから送られた情報やデータを受け取りデータベースサーバーにアクセスして結果を返すという仕組みをPHPを使って学びます。

#curriculum

AI数学

機械学習の手法になる、ニューラルネットワークを理解しAIで使われる数式をゆっくり学ぶことができます。実務に関する講話と数学とAI技術をより面白いと感じてもらう内容です。

#curriculum

CompTIA FUNDAmentals試験対策

試験合格に向けた資格対策授業です。資格対策からソフトフェア、ハードウェア、データベース、ネットワーク、セキュリティの知識を身に付けます。

#curriculum

IT基礎

ハードウェアやソフトウェア、アルゴリズムなどITの基礎を学習し、サイバー犯罪の元となるインターネット環境について総合的理解を深めます。
ハードウェア・ソフトウェア・マルチメディア・ネットワーク・システム構築・アルゴリズムとプログラミング・データベース・セキュリティ・マネジメント・企業活動と法務・経営戦略とシステム戦略など

#curriculum

セキュリティ概論

フィッシング詐欺やコンピュータウイルス侵入などの攻撃に対し、どのように対処すべきなのかという具体的な対応手段を学びます。ネットワークセキュリティに関する全体像を理解し、どんな攻撃にも対応できるスキルを身につけます。
セキュリティの基本及び概要・マルティウエア予防対策・ランサムウェア被害対応策・ウェブブラウザ不正ダウンロード・暗号化によるデータ保護・インシデント対策ツール・プロセス動作状況チェック・脆弱性緩和・不正プログラムとは・不正プログラムの特定と見分け方・脅威情報収集・セキュリティ設定

#curriculum

プログラミング

プログラミングの基礎から学び、どのプログラミング言語にも対応できるスキルを固めます。
Linuxプログラミング・PHPプログラミング・Webプログラミング(HTML、CSS、JavaScript)・DBプログラミング(SQL)・DBプログラミング(データベース設計)・Webアプリケーション開発概論・ネットワーク基礎・Webサーバー構築など

#curriculum

CompTIA A+/Network+

国際的に認められている認定資格に沿った内容となっており、在学中の資格取得を目指せます。ネットワーク技術者として世界に通用するスキルを高めます。
インフラストラクチャ・ネットワークオペレーション・トラブルシューティング・運用手順など

#curriculum

Python基礎

世界中で使われているプログラミング言語「Python」を基礎から学びます。
Python概論・環境構築・変数・定数・モジュール分割・パッケージ分割・例外処理など

#curriculum

法律

日々進化するIT技術やインターネット環境を法律の視点から学びます。ITスキルを正しく利用するため、情報社会における倫理観を養い、情報システムを守る人材を目指します。

#curriculum

ブロックチェーン

「ビットコイン」を筆頭とした仮想通貨を例に、「経済的価値のインターネット」であるブロックチェーンについて学びます。概要と構造、仮想通貨との関連性、プラットフォームなどを中心に学習を進めます。

#curriculum

セキュリティ技術

システムやインターネットへの侵入を検知するセキュリティ技術を学びます。暗号化や電子認証、デジタル署名、ログ解析、セキュリティ・インフラ構築など幅広い知識とスキル習得を目指します。
※時代や業界の動向、あるいは学生の習熟度次第で変更する可能性があります。
※業界の声によっても変更の可能性があります

Pick UP

#keyword

プログラミング言語

ゲームプログラマーに必須のプログラム言語。ゲーム制作現場で広く使われているC言語。
将来ゲームソフト開発に使用するアルゴリズムを習得するために必要なC言語の基礎的文法、常時使用するアルゴリズムのプログラムを自分自身の力で組み合わせて、自分の思考通りの処理が制作できるような力を付ける。

#keyword

ゲーム開発

プログラムミング(C言語)の基礎的文法、常時使用するアルゴリズムの習得に加え、シューティングゲームなど簡単なゲーム制作を通してゲームプログラムの構成を理解する。

#keyword

ゲーム制作

ゲームの企画、プログラミングとそれぞれの専攻にわかれ1つのゲームを作り上げます。完成後は東京ゲームショウに出展します。

#keyword

ゲームプランナー

ユーザーのニーズやマーケティングをもとに、ゲームの企画・概要を作る仕事です。どのようなゲームなのかを明確に示した「仕様書」を元に、ゲームプログラマーやゲームグラフィックデザイナーなどが開発を行います。開発後には修正や改善を行い、分析・集計も仕事のひとつ。長く愛されるゲームになるかどうか、新たなゲームのアイデアを生み出せるかどうかがゲームプランナーの腕の見せどころです。

#keyword

デバッカー

完成前にゲームを実際に試し、不具合(バグ)がないかどうかをチェックする仕事です。ゲームテスターと呼ばれることもあり、端から見ると「遊んでいる」だけに見えますが、ゲーム開発の工程においては欠かせないもの。操作に問題はないか、ストーリーに入り込んで楽しく遊べるかどうかといった細かなところまでチェックします。

#keyword

ゲームパブリッシャー

ゲーム制作は企画・宣伝・販売などを行う会社(ゲームパブリッシャー)と、プログラミングやキャラクターデザインなどの制作実務を担う会社(デベロッパー)に分かれます。それぞれの企業にスペシャリストが所属しており、チームを組んで一つのゲームソフトを作り上げていきます。将来自分がどの制作工程に関わりたいかによって就職先も異なってきますので、実践的なゲーム制作やインターンシップなどで見極めていきましょう。

#keyword

IP

Intellectual Propertyの略で、「知的財産権」のことを指します。著作権や特許権、実用新案、商標権などが含まれており、人々の知的活動によって作られた「財産的価値」があるものです。ゲーム業界ではゲームパブリッシャーがもつゲームタイトルやキャラクターそのものも、IPにあたります。

#keyword

Iot

「Internet of Things」の略語である「Iot(アイオーティー)」は、イギリスの技術者ケビン・アシュトンが提唱した考え方です。
パソコンや携帯電話だけでなく、車・家電・住宅・植物といったいろいろなモノとインターネットがつながることを指します。例として、テレビとネットをつなげたことで、視聴者参加型の番組が作られるようになっています。

#keyword

5G

アナログ携帯電話が登場した1980年代を「1G(Generation)」とし、技術の進化による世代を表現しています。デジタル化によりインターネット接続が開始した1990年代の2G、モバイル機器が登場する2000年代の3G、LTEという高速通信技術が普及した2010年代の4Gを経て、2020年から始まったのが5G(ファイブジー)。2時間の映画を数秒でダウンロードできるような高速大容量かつ複数機器への接続が可能になり、私たちの暮らしや経済活動が変化すると言われています。

#keyword

SQL

コンピュータ言語の一つである「SQL」は、顧客情報や売上など膨大なデータベースを効率よく処理するためのデータベース言語です。「Structured Query Language」の略語であり、データの条件検索や変更・削除・更新などが簡単にできます。国際標準化されており、他のプログラミング言語の中に埋め込んで使えるため、広く普及しています。

#keyword

クラウドコンピューティング

インターネット上にあるデータ保存場所を「雲(クラウド)」と考え、いつでもどこからでもアクセスできる環境を「クラウドコンピューティング」といいます。たとえば企業のデータをパソコン1台1台に保存すると機器の容量を圧迫してしまいますが、クラウドに保存することで効率よくコストも削減しながら使えます。パソコンからでもスマホからでもログインできるTwitterやInstagramも、この仕組みによるものです。

#keyword

ベンダー

ベンダー(vender)はサービスや商品を仲介業者に頼らずに直接販売する会社のことです。商品を使う「ユーザー」に対して、シングルベンダー(単一メーカーのみを取り扱う会社)やマルチベンダー(複数メーカーを取り扱う会社)というように、IT業界で広く使われています。
※時代や業界の動向、あるいは学生の習熟度次第で変更する可能性があります。
※業界の声によっても変更の可能性があります

就職・資格について

目指せる資格・検定

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ネットワークスペシャリスト
  • データベーススペシャリスト
  • マルチメディア検定
  • Microsoft Azure AI Fundamental

目指せる仕事

  • サーバーエンジニア
  • クラウドエンジニア
  • ゲームプログラマー
  • ゲームプランナー
  • ゲームディレクター
  • ゲームプロデューサー
  • コンテンツプランナー
  • ゲームシナリオライター
  • レベルデザイナー
  • アプリエンジニア など

ゲームCGワールドを
体験してみよう!

「好き」を学べるWメジャーカリキュラム

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校なら、学科や専攻コースの枠を超えて興味ある授業を受けられます。追加の学費はなんと無料!グラフィックデザインやプログラミングも学ぶといった組み立て方も可能です。興味のある分野へ進みたいと思ったら、入学後に専攻変更も。自由度の高いカリキュラムで、プロになるためのスキルはもちろん、幅広い人間力を養ってあなたの魅力がさらに増していきます!

Wメジャーカリキュラムについて
もっと見る

Q&A

プログラミングを勉強したことがないのですが、入学できますか?

入試は、面接と志望動機の作文などの書類選考です。あなたの好きなことを仕事にしたいという気持ちを面接と作文でしっかり伝えてください。
他の専攻も含めプログラミングの経験のない方が圧倒的に多いため、基礎から学ぶことができますので、安心してください。

学生作品

関連コンテンツ

  • もっと学校のことを知りたい!資料請求を申込む
  • どんな仕事か体験してみたい!お仕事体験に参加する

学科・コース一覧

関連リンク