情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

名誉学校長・教育顧問

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校は開校以来、優れたプロクリエーター育成のための「産学連携教育システム」を貫いてきました。
そして多彩な協力企業からいただく課題に取り組み、自らの創造力を磨き抜いた数多くの卒業生たちが今、業界の第一線で活躍しています。
彼ら・彼女らのエネルギーの源は、自らの創りだすもので人を感動させたいという夢に他なりません。
次はあなたがここで豊かな創造力と実践力を養い、大きな夢をかなえてください。

名誉学校長

奥山 清行先生

工業デザイナー / Ken Okuyama Design 代表

アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(アメリカ)卒業。ゼネラルモーターズ社(アメリカ)チーフデザイナー、ポルシェ社(ドイツ)シニアデザイナー、ピニンファリーナ社(イタリア)デザインディレクターなどを歴任。

エンツォ・フェラーリ、マセラティ・クアトロポルテなどのカーデザインを担当した。2007年にKen Okuyama Design設立、代表に就任。山形・東京・ロサンゼルスを拠点に自動車や電車などの輸送機器や都市デザイン、自身のブランドでインテリア製品や眼鏡の開発から販売まで行うなど、幅広い分野で活躍中。

滋慶グループ 名誉学校長

馬場 章先生

最先端のIT技術を駆使して開発されたデジタルゲーム。そのゲームを使って競うe-sportsは21世紀のスポーツです。日本から多くの優れたe-sports選手が世界に飛躍することを期待します。

副校長

篠塚 正典先生

クリエーティブディレクター

アメリカのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインに学び、グラフィック/パッケージデザイン科を首席で卒業。1990年にランドーアソシエイツ・サンフランシスコ本社へ入社し、東京支社転勤後の1993年、長野冬季オリンピックのシンボルマークデザインを手がける。
1995年に株式会社イデアクレントを設立。以来、国内外多くの企業のCI、VI、パッケージデザインを担当し、現在に至る。

名誉教育顧問

マット 鈴木先生

ビジュアル・デベロップメント・アーティスト

ウォルト・ディズニー社にCGアーティストとして長年勤務、現在はVFX制作会社 WETAデジタル スタジオにて実写映画に復帰。特殊ビジュアル効果部門でエミー賞を受賞。代表作は『ズートピア』『ベイマックス』『アナと雪の女王』『アバター』『ジャンパー』『チキンリトル』『ロビンソン一家』『アトランティス失われた帝国』など。