テクノロジー・デザイン・eスポーツ業界で活躍する人を育成するための専門学校です。

資料請求

オープンキャンパス

MENU
twitter
twitter
Instagram
blog
LINE
YouTube

目指せる資格や検定

目指せる資格は多種多様!!各種資格は就職に有利なだけでなく、特にAI、IT業界ではキャリアアップにも欠かせないものです。

トピックス

◇資格の種類は様々

国家資格とは国が実施する試験に合格するか、もしくは国の認可を受けた養成施設で認定要件を満たすことで取得できる資格です。
ベンダー資格とは、IT関連製品を製造・販売しているベンダー(企業やメーカーなど)が、自社製品について、一定の知識や技能を持っていることを認証する民間資格です。
ベンダーニュートラル資格とは、ベンダー資格とは異なり、企業・メーカー・国等に依存していない資格のことを言います。

IT、情報分野

●世界共通のIT資格
「CompTIA」の認定校です。

世界的なIT業界団体「CompTIA」が、次世代のIT人材を育成するために開発したアカデミック・プログラム「CompTIA Authorized Partner Program Academy (CAPP Academy)」の認定校にもなっており、「CompTIAA+」「Network+」などに対応しています。

アカデミック・プログラム「CompTIA」のロゴマーク

  • 基本情報技術者

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    「情報処理の促進に関する法律」に基づいた経済産業省が、情報処理技術者としての知識と技能を認定する国家試験です。
    情報システムの構築や運用するための知識やIT業界で活躍される方を対象とした試験です。
    試験の内容としては、 午前の部は、試験時間150分、80問の四肢一択。午後の部は試験時間150分、多肢選択式で出題数11問
    解答数5問です。ITエンジニアを目指すには、まず基本情報技術者試験からといわれています。

  • 応用情報技術者

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    経済産業大臣が認定する国家試験「情報処理技術者試験」の12ある区分の中の一つです。ITエンジニアとして応用的な知識・技能を認める国家資格です。

  • 情報処理
    安全確保支援士

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    情報処理安全確保支援士は、国家資格です。 情報処理安全確保支援士試験合格者は、所定の登録手続きを行うことで、国家資格「情報処理安全確保支援士(登録セキスぺ)」の資格保持者となることができます。政府機関や企業等における情報セキュリティ確保支援を業とするサイバーセキュリティリスクを分析・評価し、組織の事業、サービス及び情報システムの安全を確保するセキュリティエンジニアや、技術・管理の両面から有効な対策を助言をする職種にお勧めの資格です。

  • データベース
    スペシャリスト

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    データベーススペシャリスト試験は、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる資格です。高度IT人材として確立した専門分野をもち、データベースに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守や技術支援を行います。

  • ネットワーク
    スペシャリスト

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    ネットワークスペシャリスト試験は、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる資格です。ネットワークシステムの構築や運用をするインフラエンジニアやネットワークエンジニアを目指す方にお勧めの国家資格です。

  • ITパスポート試験

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    ITに関する基礎的な知識を測る国家試験です。具体的には、新しい技術(AI、ビッグデータ、IoT など)や新しい手法(アジャイルなど)の概要に関する知識をはじめ、経営全般(経営戦略、マーケティング、財務、法務など)の知識、IT(セキュリティ、ネットワークなど)の知識、プロジェクトマネジメントの知識など幅広い分野の総合的知識を問う試験です。試験は、会場により異なりますが、3つの時間帯(午前・午後・夕方)で実施しており、試験時間は120分です。

  • ITストラテジスト試験

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    情報処理技術者試験の一区分です。経営戦略に基づいてIT戦略を策定し、ITを高度に活用した事業革新、業務改革、及び競争優位を獲得する製品・サービスの創出を企画・推進して、ビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す方に最適です。

  • システム
    アーキテクト試験

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    システムアーキテクト試験は、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。

  • エンベデッドシステム
    スペシャリスト試験

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    スマート家電、自動運転などあらゆるモノがつながるIoTが進展する中で、ハードウェアとソフトウェアを適切に組み合わせて組込みシステムを構築し、求められる機能・性能・品質・セキュリティなどを実現する組込みエンジニアやIoT系エンジニアを目指す方に最適です

  • システム監査
    技術者試験

    国家資格

    独立行政法人情報処理推進機構

    システム監査技術者試験は、情報処理技術者試験の一区分である。試験制度のスキルレベル4に相当し、高度情報処理技術者試験に含まれる。対象者像は「被監査対象から独立した立場で、情報システムや組み込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検・評価し、監査結果をトップマネジメントなどに報告し、改善を勧告する者」

  • G検定

    民間資格

    一般社団法人ディープラーニング協会

    人工知能の定義や機械学習の具体的手法の知識や技術を測ります。

  • E資格

    民間資格

    一般社団法人ディープラーニング協会

    ディープラーニングの理論を理解し、適切な手法を選択して実装する能力や知識を有しているかを認定する。応用数学や機械学習などが試験範囲。

  • CompTIA IT Fundamentals(ITF+)

    民間資格

    CompTIA

    一般的なOSやソフトウェアの利用目的の理解と活用、ネットワーク接続の確立、セキュアな環境の維持などの知識を測ります。

  • CompTIA A+

    民間資格

    CompTIA

    IT運用のスキルを強化する認定資格です。CompTIA A+を取得することで、ユーザーが使用しているデバイスに関係なく、セキュアに必要なデータにアクセスできる環境を提供また維持するスキルを修得できます。

  • CEH(認定ホワイトハッカー)

    民間資格

    米国EC-Council(国際電子商取引コンサルタント協議会)社

    脆弱性やシステムを悪用するウイルス、マルウェアなどへの知識を測る資格です。

  • CompTIA Network+

    民間資格

    CompTIA

    CompTIA Network+は、ファンダメンタルレベルのITネットワークプロフェッショナルに求められるスキルを評価する国際的に認知された認定資格です。

  • CompTIA Security+

    民間資格

    CompTIA

    CompTIA Security+認定資格試験に合格することで、アプリケーション、ネットワークを確保するために必要なシステムのインストールと設定、プラットフォームへの脅威を分析して適切な手法で緩和する対応、関連するポリシーや法規制を正しく認識した運用を行うために必要な知識とスキルを証明します。

  • CCNA

    民間資格

    シスコシステムズ社

    「CCNA(Cisco Certified Network Associate)」は、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験です。同社の主力商品であるCiscoルータ、Catalystスイッチに関する技術力の証明となるだけでなく、基礎的なネットワーク技術 の証明にもなります。

  • 公認情報セキュリティ
    マネージャー(CISM)

    民間資格

    ISACA(情報システムコントロール協会)

    CISMは、情報セキュリティの国際的資格であり、日本語名称を『公認情報セキュリティマネージャー』と呼称します。ISACA(情報システムコントロール協会)により、2002年に資格制度が創設され、2003年度より試験が開始されました。

  • ネットワーク情報
    セキュリティマネージャー
    (NISM)

    民間資格

    ISACA(情報システムコントロール協会)

    公認情報セキュリティマネージャー(CISM)は、ISACA(情報システムコントロール協会)により創設された資格制度で、マネージメントレベルの情報セキュリティを認定する資格です

  • Linux技術者認定試験

    民間資格

    LPI-JAPAN

    世界中で実施されているLinux技術者認定試験です。

ゲーム、CG、イラスト、
デザイン、マンガ、アニメ分野

  • PHP5上級試験/
    準上級試験

    民間資格

    一般社団法人PHP技術者認定機構

    PHPプログラミングに特化した知識を問う民間資格です。

  • C言語プログラミング
    能力認定試験

    民間資格

    サーティファイ情報処理能力認定委員会

    システムの仕様変更の対応して、実際にコーディング、デバックを行ったりプログラムを完成させる知識を測ります。

  • Photoshop®クリエイター能力認定試験

    民間資格

    ソフトフェア活用能力認定委員会

    画像編集能力を問う試験で、Photoshopを使用したグラフィックコンテンツの制作能力の知識を測ります。

  • CGエンジニア検定 エキスパート・ベーシック

    民間資格

    公益財団法人画像情報教育振興協会

    アニメ、映像、ゲームなどの、システム開発・システム開発を行うための
    知識を測ります。

  • Webデザイナー検定 エキスパート・ベーシック

    民間資格

    公益財団法人画像情報教育振興協会

    WEBページ制作にあたり準備段階からデザインの構築、実装や運用までWEBデザイン、HPの知識を測ります。

  • 画像処理エンジニア検定 エキスパート・ベーシック

    民間資格

    公益財団法人画像情報教育振興協会

    工業、医療、ロボット、画像、映像などシステムや製品などの開発をする知識を測ります。

  • マルチメディア検定 エキスパート・ベーシック

    民間資格

    公益財団法人画像情報教育振興協会

    マルチメディアに関する知識を測ります。

  • Javaプログラミング能力認定試験

    民間資格

    サーティファイ情報処理能力認定委員会

    入門者を対象とした3級からプログラマーシステムエンジニアとして実務に関わるレベルの1級まであり段階をおって受験することができます。

  • DTP検定

    民間資格

    株式会社ボーンデジタル

    DTP検定は、職種別に2つのコースを用意していることが特徴です。企画・編集職や広報職向けのディレクション(DTPII種)、社内外向けの資料を作る営業職や事務職をはじめ、すべてのビジネスマンに向けたビジネス(DTPIII種)です。
    出版・広告・印刷などメディア業界はもちろん、あらゆるビジネスシーンで自分のセンスと技術のステータスになります。

  • DTPエキスパート認証試験

    民間資格

    公益社団法人日本印刷技術協会

    メディアの持つ役割とそのもたらす結果に目を向けたメディア設計及び制作を実践するために、「DTP」「色」「印刷技術」「情報システム」「コミュニケーション」関連知識を測ります。

  • POP広告クリエーター技能審査試験

    民間資格

    一般社団法人 公開経営指導協会

    小売業あるいは広範なサービス業における販売または販売促進業務に従事する職員の有するPOP作成能力を測ります。

  • Illustrator®クリエイター能力認定試験

    民間資格

    ソフトウェア活用能力認定委員会

    世界基準のグラフィックツールである「Illustrator®」の活用能力を測ります。
    「Illustrator®」を用いたDTPファイル及びWebデザインパーツの作成や、問題の指示に従い1つの作品を作り上げる表現力などの、コンテンツ制作に関するスキルを認定します。

  • アドビ認定エキスパート

    民間資格

    株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

    試験科目はアドビのアプリケーションごとに独立してあり、資格はPhotoshopとIllustratorのそれぞれで認定されます。全国にある試験会場のコンピュータを使って解答するCBT形式で行われ、合否の結果は試験直後のコンピュータの画面に表示されます。また、合格者には世界共通の「合格認定証」が発行(郵送)されます。

  • ウェブデザイン実務士

    民間資格

    一般財団法人 全国大学実務教育協会

    ウェブページ編集・制作・運営の知識を測ります。

  • インターネット検定

    民間資格

    NTTコミュニケーションズ

    インターネットの基礎知識からビジネスの最前線で活かせる実践的なICT知識を測ります。

  • イベント検定

    民間資格

    一般社団法人 日本イベント産業振興協会

    イベントを開催するためには、イベントの企画から運営まで幅広い知識とノウハウが求められます。
    イベントの専門家から提案を引き出したり、評価をしていく際にも、この基礎力をもった人材が必要です。
    こうした人材の育成を目的として、1997年に通産省(現経産省)とスタートした検定です。

全専攻

  • Microsoft Azure AI Fundamentals

    民間資格

    Microsoft

    AI( 人工知能)のワークロードやAzureでの機械学習、自然言語処理、会話型AIの特徴を理解します。これからのAI時代でビジネスをするうえで、自分自身の価値を高めるために導入しています。

  • マイクロソフトオフィススペシャリスト

    民間資格

    株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ

    エクセルやワードのスキルを証明できます。

  • もっと学校のことを知りたい!資料請求を申込む
  • どんな仕事か体験してみたい!お仕事体験に参加する