情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

学費サポートについて

日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金について

在学中に借りて、卒業してから少しずつ分割で返済できるシステム。
無利子または低利子なので、返済も無理がありません。

日本学生支援機構(旧日本育英会)

生活費を一部サポートしてもらえます。

※高等学校で、予約採用申込みができます。

(高校3年生の5月頃までに、担任の先生にお問合わせください。)

予約採用申込み

日本学生支援機構奨学金では、高等学校で予約採用申込みができます。

高校3年生の奨学金の予約は
春・秋の年2回(第一種は春のみ)

※高校によって若干異なりますので、
高校の先生にご相談ください。

  • 進学後の申込みよりも高校での予約の方が採用される確率も高く、断然有利です。予約申込みは高校3年生の春・秋頃の年2回あります。(第一種は春のみ)ただし、高校によっては、5月頃に申込みを締め切る場合がございますので、ぜひお早めに高校の先生に尋ねてみましょう。
  • 進学後の申込みでは夏からの貸与となってしまいますが、予約奨学金の場合、春からの貸与になります。
  • 進学先が確定していなくても申込みでき、採用決定後の取り消しもできますので「とりあえず予約」ということも可能です。

本校入学後の申込み

●第一種奨学金(無利息)

貸与月額(私立専門学校) ①自宅通学:53,000円 / 40,000円 / 30,000円 / 20,000円
②自宅外通学:60,000円 / 50,000円 / 40,000円 / 30,000円 / 20,000円
応募基準 人物 特に優れた学生及び生徒で、経済的理由により著しく修学に困難がある方。
所得 日本学生支援機構が定めた収入基準以下であること。
(例)自宅通学:給与所得約719万円(4人世帯)以下
   自宅外通学:給与所得額約782万円(4人世帯)以下
(基準額は家族数や通学別、家計支持者の収入源などによって異なります)
学力 高等学校最終2ヶ年の評定平均値が3.2以上
(高校での予約採用は3.5以上(1年〜申込時))
推薦方法 本校から応募基準内の出願者を推薦し、日本学生支援機構において選考、採用を決定します。

※左右にスライドしてご確認いただけます。

●第二種奨学金(利息付・最大利率3%)

貸与月額(私立専門学校) 次の中から選択でき、貸与中に金額変更が可能です。
20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/60,000円/70,000円/80,000円/90,000円/100,000円/110,000円/120,000円
応募基準 人物 特に優れた学生及び生徒で、経済的理由により著しく修学に困難がある方。
所得 日本学生支援機構が定めた収入基準以下であること。
(例)自宅通学:給与所得1,123万円(4人世帯)以下
   自宅外通学:給与所得1,168万円(4人世帯)以下
(基準額は家族数や通学別、家計支持者の収入源などによって異なります)
学力 学習意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると学校長が認めた方。学年平均水準以上。
推薦方法 本校から応募基準内の出願者を推薦し、日本学生支援機構において選考、採用を決定します。

※左右にスライドしてご確認いただけます。

※予約採用の場合は、「応募基準」の内容など、若干異なります。選択金額によって、収入基準が設けられているため、詳しくは高校の先生にお尋ねください。

手続きの流れ

●入学前予約採用(採用の確率が高い)

step1

高等学校に申込み

申込みは、高等学校にて行います。無利子タイプ「第一種奨学金」は、春のみ。
有利子タイプ「第二種奨学金」は、春・秋の年2回です。

step2

予約採用

step3

出 願

step4

合格・入学

step5

奨学金貸与開始(5・6月)

詳細やお申込みは、在学している(していた)高等学校にお問合わせください。

●入学後にも申込みができます!
(4月に申込み)

step1

出 願

step2

合格・入学

step3

申込み(4月)

step4

奨学金貸与開始(6〜8月頃)

※奨学生採用には審査があります。詳しくはお問合わせください。

詳しいご相談は、本校入学事務局まで
お問合わせください。

教育ローン一覧

  • 融資には審査があり、場合によっては借入できないことがあります。
  • 審査には必要書類をお願いすることがあります。

公的教育ローン

学費や生活費をいろいろな条件で借りることができます。
低利な公的教育ローン制度です。

※ボーナス時の増額返済を併用することもできます。

※融資額・返済期間は、いろいろあります。

※利率は固定金利ですが、金融情勢により申込み時の利率と異なる場合があります。

銀行系教育ローン

学費や教材費などを様々な条件で借りることができます。
比較的低利で手続きも簡単な教育ローン制度です。

※ボーナス時の増額返済を併用することもできます。

※融資額・返済期間は、いろいろあります。

※利率は変動金利ですので、金融情勢により、借入期間中に利率が変動する場合があります。

※お申込みの際、「教育ローン申込通知書」を学校の窓口までお取寄せください。

信販系教育ローン

学費や生活費を無理なく借りることができます。
比較的、手続きが簡単なのが特徴です。

※ボーナス時の増額返済を併用することもできます。

※融資額、返済期間は、いろいろあります。

※利率は固定金利ですが、金融情勢により申込み時の利率と異なる場合があります。

●オリコ学費サポートプラン

Orico 学費サポートプラン

●JACCS学費サポート

●セディナ学費ローン(三井住友ファイナンシャルグループ)

sedina 学費ローン

教育ローン詳細・手続きの流れ

各教育ローンの詳細や手続きの流れをPDFにてご覧頂けます。

詳細をPDFで見る

延納・分納制度

ご家庭の事情で学費を納めるのが難しい場合。複数回に分けての納入(分納)や、少し遅らせて納付いただける(延納)制度があります。
お気軽にお問い合わせください。

事務局会計課 0120-758-598

ご不明な点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
  1. 名古屋デザイン&テクノロジー専門学校
〒460-0008 
愛知県名古屋市中区栄3-20-4