情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

e-sportsワールド

e-sports
プロゲーマー専攻

名古屋から世界へ!eスポーツプレーヤーを目指す

3年制

e-sportsのあらゆるジャンルが学べる!!

シューティングゲーム

「ファーストパーソン(一人称)・シューティング」の名の通り、一人称視点でキャラクターを操作して敵対プレイヤーを倒していく銃撃戦ゲーム。国内でも「Call of Duty」シリーズなどの有名タイトルが広く知られている。

マルチオンライン

RTSのサブジャンル。RTSが自身の軍勢全体を操り敵陣に攻め入るのに対し、MOBAはゲーム開始時にプレイヤーが選択したそれぞれ性能の異なるキャラクターのみを操作して、味方プレイヤーと協力して敵陣を攻略する。

戦略ゲーム

プレーヤー毎に操作を行うターン制操作ではなく、 双方がリアルタイムに操作を行い 軍勢をコントロールして敵陣営を攻め落とす 戦略型ゲームの総称。

スポーツ

スポーツやモータースポーツを題材としたシュミレーションゲームジャンル。コーチや監督となって育成をするゲームもあるが、競技として使用されるのは選手を操作するゲームの場合が多い。状況判断能力や対戦相手の研究などが求められる。

対戦格闘ゲーム

日本人プロゲーマーが活躍するジャンルとして最も認知が高いジャンル。ゲーム画面が真横(2次元)に固定され、奥行きへの移動がない2D対戦格闘、3次元空間での戦いを採用している3D対戦格闘の2種に大別される。

オンラインカードゲーム

インターネット上でプレイ可能なカードゲーム。 24時間対戦相手が見つかるほか、PC演算を使用してより複雑なシステムを作り出すことにより、 近年台頭してきたジャンル。日本人が特に強い。

eスポーツ実習・大会出場一覧

〜プロから学ぶ・現場で学ぶ〜

  • PSSU Japan College Arena

    PSSU Japan College Arena

  • レインボーシックス プロリーグ シーズン10ファイナル in 日本

    レインボーシックス プロリーグ シーズン10ファイナル in 日本

  • FM AICHI「NEXT JAM」出演

    FM AICHI「NEXT JAM」出演

  • RAGE ブロスタ 日本一決定戦 中部予選

    RAGE ブロスタ 日本一決定戦 中部予選

  • Shadowverse ES 地方大会 2019

    Shadowverse ES 地方大会 2019

  • 岡崎グルメフェス2019 実況パワフルプロ野球予選本戦

    岡崎グルメフェス2019
    実況パワフルプロ野球予選本戦

  • 赤池ファミリーゲームフェス

    赤池ファミリーゲームフェス

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI 愛知県代表決定戦 ウイニングイレブン

    全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019
    IBARAKI 愛知県代表決定戦 ウイニングイレブン

[e-sports プロゲーマー専攻]実践力を育む4つの特徴

Point01

東海エリア最大級の
ゲーミングPCを完備!

RazerやHyperXなど最先端のゲーミングデバイスを備えた設備で学ぶことができます。

Point02

滋慶学園COMグループの
ネットワークを活かし
FPSやMOBAで戦う!

FPSやMOBAなどのタイトルを1つ選択し、クラスメイトとチームを組みます

Point03

現役eスポーツ
プレーヤーが直接指導!
ビジネスモデルに則った
PDCAサイクル教育を実施

試合に勝つための戦略をプロの講師と考え実践していきます。戦略練り実践し、試合を振り返り、次回の試合に生かすというPDCAサイクルを実践。

Point04

あなたの夢を全面サポート!
デビューも就職も目指せる

一人ひとりの夢や目標はプロゲーマー・プロチームアナリスト・プロチームコーチ・e-sports実況者などさまざま。企業へ就職し、基礎と実力をつけてからフリーランスとして独立する方法も。あなたの夢を担任の先生やデビューセンターの先生、就職専門の先生が一緒にサポートします。

基礎から実践まで
充実のカリキュラム

プロゲーマーになるための人間力とスキルを身につける

主なカリキュラム

  • クリエーティブワークショップ
  • ゲーム研究I
  • ゲームビジネスI
  • ゲーミングワークショップI
  • 企業研究
  • 英会話

トライアウト受験に向けて動画制作や配信スキル、プレイスキルをレベルアップさせる

主なカリキュラム

  • クリエーティブワークショップ
  • ゲーム研究II
  • ゲームビジネスII
  • ゲーミングワークショップII
  • 企業研究
  • 英会話

プロチームに所属するためにさらにスキルをアップさせる

主なカリキュラム

  • クリエーティブワークショップ
  • ゲーム研究III
  • ゲームビジネスIII
  • ゲーミングワークショップIII
  • 企業研究
  • 卒業制作

Pick Up

keyword

プロゲーム実習

学校指定タイトルの中から1つを選択し、チームでゲーム演習に取り組みます。
プレイ動画を録画しPDCAサイクルを回しながら常に戦略的に取り組みます。

keyword

メンタルトレーニング

心のメカニズムを学び、練習前後、試合前後のメンタルコントロールを可能にする方法を習得します。
常に前向きに向上心を持て取り組めるマインドを構築します。

keyword

ゲーム英会話

海外プレーヤとの交流、ゲーム用語の理解を目としたゲーム英会話のスキルを習得します。

※時代や業界の動向、あるいは学生の習熟度次第で変更する可能性があります
※業界の声によっても変更の可能性があります

目指せる仕事

  • プロゲーマー
  • プロチームアナリスト
  • プロチームコーチ
  • e-sports実況者
  • e-sports解説者
  • e-sports大会MC
  • e-sports業界での起業
  • イベントプロデューサー
  • イベントディレクター
  • 審判 など

専門スタッフ常駐!夢を叶える就職サポート

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校の就職率は100%!
学生の個性や方向性に照らし合わせながら、適切なアドバイスを行います。

年間200社以上が来校する実績を持ち、就職先となる各業界とも太いつながりがあります。
「合同企業説明会」や「作品審査会」は、学生にとって絶好のアピール機会。
在学中にプロの仕事を体験できる「インターンシップ」や模擬面接会などもあります。

クラス担任とプロ講師陣に加え、キャリアセンターでは就職活動専門のスタッフが常駐していますので、安心して学生生活を送れます。

就職サポートについて
もっと見る

e-sportsワールドを
体験してみよう!

e-sportsワールドの
イベントをもっと見る

STUDENT INTERVIEW

e-sports プロゲーマー専攻 Mさん

e-sports プロゲーマー専攻 Mさん

─ 学校を選んだ理由

愛知にプロゲーマーを目指す人のための専攻ができたと聞いてこの学校を選びました。

─ 所属している専攻を選んだ理由は?

入学する前は家のPCだと十分な練習や性能があまりよろしくなかったので、カクつきなどが出て、ストレスを感じながらプレーをしていました。ここに入ればストレスフリーで、更にプロの方に直接教えてもらえると聞き選んだ。

─ 好きな授業 科目名 先生の名前 その理由は?

ゲーム実習 後藤先生 プロになるために必要なことを教えてくれる。

─ 将来の夢・目標

プロゲーマーになって世界一強いfpsプレイヤーになる。

─ 入学して大変だったこと

家から学校の距離が遠いことです。

─ 入学して楽しかったこと、嬉しかったことは?

アメリカでの海外研修で色々な体験ができたことです。

─ 将来同じ夢を目指す高校生にエールをお願いします

ゲームで上手くいかないときがあっても、諦めずにがんばってください。

COMPANY INTERVIEW

ゲームは自分で「楽しむ」から「魅せる」「観る」時代に。
e-sportsの可能性は無限大です。

Sengoku Gaming 株式会社 戦国 取締役役員 岩元 良祐さん

Sengoku Gaming 株式会社 戦国 取締役役員

岩元 良祐さん

「Sengoku Gaming」は福岡を拠点とするプロeスポーツチームで、世界大会でも優勝経験のある選手を有する国内トップクラスのプロeスポーツチームです。

個人やチームで活躍する選手が続々!
e-sportsの魅力に各業界が注目

「Sengoku Gaming」は、2017年にアマチュアのゲーミングチームとして結成。『League of Legends』など、主要ゲームタイトルのプロリーグに参戦しています。運営する株式会社戦国が、2020年1月に九州で情報通信事業を手掛ける株式会社QTnetの子会社になり、九州から世界に向けてe-sportsの発展に貢献したいと考えています。

ゲームの世界は自分で「楽しむ」から、自分でプレイを発信して人に「魅せる」、そのプレイを面白い、楽しいと思って「観る」人たちが増え、世界規模で爆発的な広がりをみせています。人気の選手になると、動画配信で100万人のフォロワーを獲得。その人気から多くの広告収入が見込まれ、続々と大手企業がスポンサーに名乗りを上げるなど、かつてないほどのビッグビジネスに発展しています。

プロになるには、好きというだけでなく、職人としての資質が必要です。個人であればその多くが動画配信を行っていますので、ゲームの技術だけでなく、定期的に動画配信をするためのスケジュール管理、撮影などに関する技術も必要になります。チームの場合には、スポンサーや広告収入、グッズの販売で収益を上げることになりますので、選手たちは練習して大会で好成績をおさめる必要があります。私のチームの選手たちの練習時間は、1日8時間〜13時間。一般的な選手であっても、Jリーグ選手並みの年棒を誇るほどになっています。

専門学校で学び、まずはプロの世界を目指してほしいと思います。多くの経験を積んでいくことで、この業界に興味を持つイベント会社や広告代理店、ゲーム会社などで企画や運営などの仕事に就くチャンスも生まれています。今は若い人のスポーツと思われがちですが、今後は30代以上の選手が活躍する時代も来るでしょう。

Sengoku Gaming 株式会社 戦国 取締役役員 岩元 良祐さん

日本は世界に比べてe-sportsの発展が遅れていると思われがちですが、私のチームには韓国の選手も在籍しており、アジア各国の強い選手が日本に集まってきています。また、パソコンが主流の欧米と異なり、日本は各種ゲーム機を使い独自に進化してきた歴史があり、今後、さまざまなゲームタイトルやスタイルに発展していく可能性もあります。

まずは、e-sportsの世界に触れてみてください。ただし、あまりにも情報が多いので、最初は自分が尊敬する選手が参加するイベントや動画から入ってみることをおすすめします。すでに国内では、文化プログラムとして国体でe-sportsの競技が行われ、各都道府県代表が熱戦を繰り広げました。「オリンピック競技種目に」という声もあり、e-sportsには無限の可能性が広がっています。

  • もっと学校のことを知りたい!資料請求を申込む
  • どんな仕事か体験してみたい!お仕事体験に参加する