情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

ゲームCGデジタルワールド

CG・
アニメーション専攻

CGスキルと作画スキルを学びデジタルアニメーションの世界へ!CG(Computer Graphic、コンピュータ・グラフィックス)は映像技術の一つであり、アニメ制作に欠かせないものとなっています。アニメの基本である手描きの「セル画」や、コンピュータを用いたCGスキル、作品を創り上げるためのコミュニケーションやプレゼンテーションの方法を身につけます。「アニメが好き!」という情熱を持ち続け、世界に誇るプロとして日本のアニメーション業界をリードしよう!

3年制

アニメファンを感動させる!

「子どもの頃に見たアニメ番組や映画は今でも覚えている」きっと誰もがもつ思い出を、これから「作る側」になる―。
子ども向けだけでなく大人も感動する一生モノのエンターテイメントとなった日本のアニメ業界。
「クール・ジャパン」として注目されるアニメーターとしての基礎と実践力を養います。

アニメの街・愛知県名古屋市で学ぶ!

名古屋駅西口周辺にはアニメグッズを売るお店やアニメ・イラスト関係の専門学校が集まっており、
アニメファンには秘かな人気スポットとなっています。
休日ともなると多くのファンが訪れる現状と将来性をふまえ、アニメを軸とした街づくりも検討されています。
コアなアニメファンが集まる場所だからこそ、好きなものに囲まれて、好きなことを学ぶにはピッタリ!
寮も完備されているので愛知県外からの進学でも安心して学べます。

[CG・アニメーション専攻]実践力を育む3つの特徴

初心者からでも学べるサポート体制で、アニメ制作における全工程を仲間とともに身につけます。
入学時にはどこか自信なさげだった学生も、3年後には胸を張って作品をプレゼンテーションするように。
現場で求められる人材育成を図り、卒業後は即戦力となって社会貢献できます。

Point01

CGスキルを学び
憧れのCGアニメーターへ

ノートの端にパラパラ漫画を描いたことはありませんか?手描きが主流だったアニメ制作は、今では「セルシェーリング」技術を中心に作られています。テレビや映画で見るアニメーションは1秒間に約25枚の静止画を使い、連続撮影によってまるで本当に動いているように見えるもの。手描きによる「セル画」に比べ簡単な手直しがしやすく、さらに色鮮やかな仕上がりになります。

Point02

アニメ作画監督多数!
業界のプロが
基礎から徹底指導!

アニメ好きならエンドロールで流れる監督やアニメーターの名前も気になるもの。人気アニメを生み出し、現役で活躍している憧れのアニメーターから直接指導を受けるので、常にモチベーションを高くもつことができます。「いつかは自分も!」という気持ちを毎日持ち続けることが夢への近道。就職した自分をイメージしながら授業を受けられます。

Point03

デジタル化に対応!
整った制作環境!

アナログ的な作画環境だけでなく、2D、3Dのデジタル制作ができる環境があり、授業後も自習で使用することができます。アニメを作る上で基礎となるデッサンやクロッキーといったアナログ技術を学ぶ環境に加え、2D・3Dのデジタル制作ができる最新の環境で学べます。授業後も時間の許す限り自習に使えますので、日々スキルを伸ばせる最高の制作環境です。

基礎から実践まで
充実のカリキュラム

ドキドキの1年次はアニメーターとなるための基礎固め。2Dアニメーション、3Dアニメーションを作るに必要な作画・動画・デザイン・デジタル作画・3Dモデリングなどを行います。「自信がない」という方でも大丈夫。伸びしろたくさんの学生を講師・スタッフが全力で応援します。

主なカリキュラム

  • デジタルアニメーション
  • 3DCG制作
  • デッサン
  • クロッキー
  • 作画

後輩もできて大人への一歩を踏み出す2年次はいよいよアニメ制作の全工程を学びます。チームを組んで、2Dアニメ―ション、3Dアニメ―ションを制作。キャラクターの作画に加え、作品の大事な要素となる背景作画や映像技術を身につけます。

主なカリキュラム

  • アニメーション作画
  • アニメーション演出
  • アニメ制作
  • デジタル映像編集
  • 背景作画技法
  • 絵コンテ
  • デジタルペイント
  • 撮影

社会へ羽ばたく準備期間となる3年次。就職活動に欠かせないポートフォリオ制作、インターンシップ、企業連帯プロジェクト、業界特別ゼミなどアニメーターとしての自分をPRするスキルを身につけます。卒業・進級制作展ではこの3年間で成長した自分を実感!

主なカリキュラム

  • ポートフォリオ制作
  • インターンシップ
  • 業界特別ゼミ
  • 卒業・進級制作展

Pick Up

keyword

3DCG制作

3DCGは3 Dimensional Computer Graphicsの略で、コンピュータ・グラフィックスを用いたCG技術を3次元に応用し、アニメ映像において立体感を生み出します。キャラクターや背景、建物、武器、道具などを3DCGで作るモデリング、3DCGで作ったものを動かす準備をするリギングやスキニング、実際に動かすアニメーションなど3DCGの制作過程を0から学びます。

keyword

デジタルアニメーション

クリップスタジオ、フォトショップ、レタススタジオ、アフターエフェクトを使ってラフや背景、キャラクターデザインを行います。デジタルアニメに必要なソフトの使い方、彩色技法を習得します。
また、チームでデジタルアニメ制作に取り組みます。

keyword

アニメーション制作

アニメ制作を0から学びます。絵コンテ、アニメ作画、アニメ原画、アニメ動画、編集、仕上げ、撮影すべての工程を経験できます。
また、就職活動の際に、企業に対してスキルをアピールするための重要な作品となります。

keyword

デッサン

絵がうまくなるだけでなく、モノ作りのための基礎を学べるデッサンはアニメやイラスト、映像などを仕事にする上で欠かせないものです。プロとして現場にいる方でも「今になってデッサンが大事だと気づいた」というほど。形や構図、何をどう見せたいのかといった基礎からしっかり学びます。

keyword

クロッキー

下絵や略図、素描といわれる「スケッチ」の一種で、実在する対象物(人物、動物など)を短時間で描写する技術を「クロッキー」といいます。対象物の特徴をとらえ、わずか10分程度で完成させるため、シンプルながらも確実に情報を伝えて描く力を身につけます。

keyword

セル画

CG制作全盛期となる以前、90年代で行われていたアニメ制作の絵を「セル画」といいます。動きのない背景などに動きのあるキャラクターの絵を重ねていき、フィルムで1枚1枚撮影していたので、人気アニメの「セル画」はファンにとってお宝です。CG制作が主流となった現在もアニメ制作の基礎として学び、手描きならではの味わいを創り出します。

keyword

CGモデラー

アニメ制作工程において、登場するキャラクターや背景などをCGや3DCGソフトで作る役割をCGモデラーと呼びます。原画や写真、実際の場所といった元となる資料とアニメ全体のイメージをすり合わせながら制作していきます。ソフトウェアを使いこなす高度なスキルと、観察力・デッサン力・緻密な作業を続ける力などが求められる職業です。

keyword

ポートフォリオ制作

「ポートフォリオ」は自分の作品や代表作をまとめたものです。3年間でつけた実力を発揮し、制作したポートフォリオをもとに就職活動を行います。プロになってからも必須となる「プレゼンテーション能力」や「PR力」をつけるため、作業は深夜におよぶことも。仲間と励まし合いながら創り上げる時間も専門学校ならではの経験となります。

※時代や業界の動向、あるいは学生の習熟度次第で変更する可能性があります
※業界の声によっても変更の可能性があります

目指せる資格・検定

CG技術はアニメ業界に限らず、ゲーム、デザイン、医療など幅広い分野で活かせます。「絵が上手」という方はたくさんいる業界の中で、必要とされるのはイラストを自分で動かせる力。CG・アニメーション専攻はイラストに命を吹き込み、「動かす力」を学べます。

  • CG検定1〜3級
  • 画像処理検定2・3級など

目指せる仕事

  • CGアニメーター
  • CGデザイナー
  • CGモデラー
  • 映像編集
  • アニメーター
  • 制作進行
  • 背景美術
  • 監督 など

ゲームCGワールドを
体験してみよう!

ゲームCGワールドのイベントを
もっとを見る

アニメもグラフィクデザインも!「好き」を学べるWメジャーカリキュラム

「アニメも好きだしゲームも好き」名古屋デザイン&テクノロジー専門学校なら、学科や専攻コースの枠を超えて興味ある授業を受けられます。追加の学費はなんと無料!アニメーターを目指しながら、グラフィックデザインやプログラミングも学ぶといった組み立て方も可能です。興味のある分野へ進みたいと思ったら、入学後に専攻変更も。自由度の高いカリキュラムで、プロになるためのスキルはもちろん、幅広い人間力を養ってあなたの魅力がさらに増していきます!

Wメジャーカリキュラムについて
もっとを見る

STUDENT INTERVIEW

CG・アニメーション専攻 Aさん

CG&映像クリエーター専攻 Iさん

―学校を選んだ理由は?

オープンキャンパスに来たときから学校の雰囲気だったり、体験授業だったりが、とても良く感じました。先生方も気さくに話しかけて、とても居心地がよく、普段の学校生活も充実した生活が送れそうだと感じました。Wメジャーなども興味を持った部分の1つです。

―所属している専攻を選んだ理由

元々、昔から絵を描くことが好きだったのですが、アニメーターを強く意識したのは、中学生のときに観た『凪のあすから』というアニメがきっかけです。一目観たときから作画に引き込まれ、こういう絵が描いてみたいと思い始めました。空や海などの背景がとても綺麗で、今でもよく観ています。背景を描くのは苦手なので、自分も頑張って苦手を克服していきたいです。

―好きな授業 科目名 先生の名前 その理由は?

科目…アニメーション制作・先生…冨田泰弘先生 自分が高校生時代でのオープンキャンパスのときからお世話になっている先生なので、面白くて優しく、わからないところも細かく教えてくれます。授業の雰囲気も良くて、皆が楽しく受けているように思います。

―将来の夢・目標は?

詳しいことはまだはっきりとは言えませんが、とりあえずはアニメ会社に入って経験を積んで色々なアニメに関われるアニメーターになりたいです。

―入学して大変だったことは?

今まで聞いたことのないような技術だったり、専門的な用語だったり、たくさんのことを覚えるのに必死で大変でした。

―入学して楽しかったこと、嬉しかったことは?

入学前オリエンテーションから友達ができて、仲良くしてもらっています。あと、現役の作画監督さんが講師に来ているということがすごいことだなと思っています。

―将来同じ夢を目指す高校生にエールをお願いします

まだまだ未熟な自分が言えることではないのですが、努力することだと思います。先生からのアドバイスを大切にし、分からないところがあれば質問し、自分自身を成長させることができれば、目標に近づけると思います。

Q&A

将来はアニメ監督になりたい高校2年生です。
専門学校への入学を考えていますが、今からどんな準備をしていけばよいのでしょうか?

アニメ監督になるにはアニメーターとして働き、その後キャリアアップしていく方法が一般的です。

制作会社や映像会社に就職し、アニメ制作に関わるすべての工程を把握し、まずはアニメーターとしての腕を磨いていきます。経験と実績を積み上げると同時に、作品の元となる絵コンテや演出についても学んでいく必要があります。監督となると、アニメや映像制作の技術はもちろんのこと、スタッフや声優などの関係者とコミュニケーションを円滑に進める力も必要に。

多くのアニメ作品や映画を見て感性を磨き、高校では文化祭の実行委員に立候補するなどして、「楽しいことを創り上げる」「人に伝える」経験を積み重ねていってほしいと思います。名古屋デザイン&テクノロジー専門学校では入学前でも学べるイベントがたくさんありますので、ぜひ活用してください!

絵を描くのが好きです。
CGアニメーション専攻にするか、イラスト専攻にするか迷っているのですが、どうやって決めたらいいですか?

絵を描くのが好きとのこと、ぜひその気持ちを大切に持ち続けてほしいと思います。専攻の決め方についてですが、10代のうちはまだまだやりたいことが定まらないかもしれません。

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校には、興味のあることを幅広く学べる「Wメジャーカリキュラム」があります。CGアニメーション専攻に所属しながらイラスト専攻の授業を受けることができ、学生にも好評のシステムです。

入学後はスチューデントサービスセンターで授業や就職などの個別相談を受けることもできます。講師やスタッフ陣は教育のプロ。オープンキャンパスや体験入学で実際の授業を体験してから決める学生もいます。進路相談も受け付けておりますので、ぜひ一度本校に遊びに来てくださいね。

愛知県内在住で高校生の息子がいます。
名古屋市内の専門学校への入学を検討していますが、学費の面でも生活環境の面でも心配です。

進学にかかる費用はお子さまの進路を決定する上で重要な判断要素となるのは当然のことです。

名古屋デザイン&テクノロジー専門学校をはじめ、滋慶学園グループ各校では専門知識を持ったスタッフ(滋慶フィナンシャルアドバイザー)を配置して、学費のご相談にお応えしています。在学中に必要な金額と、そのうち自己資金でまかなえる金額を正確に把握し、将来無理が生じないようにすることが大切です。奨学金や教育ローン等のご紹介もしておりますので、ぜひ一度お問い合わせください。

学費サポートについて

また、当校は家具付き学生寮を完備しております。安心のセキュリティシステムに加え、寮長が常駐しているので24時間のサポート体制を整えています。1室2名様まで無料で宿泊できる「無料体験入寮」もございますので、ぜひご検討ください。

学生寮

  • もっと学校のことを知りたい!資料請求を申込む
  • どんな仕事か体験してみたい!お仕事体験に参加する