クリエイターズブログ

【お仕事紹介】 #WEBプロデューサー#WEB#デザイン

 

こんにちは!

入局事務局の澤邉です😊

 

 

\ 本日のお仕事紹介へ! /

【WEBプロデューサー】

 

Q:どんな仕事なのか??

“WEBディレクター”は

計画・サイト設計を行いますが、

今回ご紹介する“WEBプロデューサー”は、

サイト制作・運用改善を行います。

つまり、ディレクターの計画案を

具体化していくのが役割となります💡

 

クライアントの要望や予算、

進行スケジュールを踏まえた上で

スタッフやチーム編成を行い、

デザインやコーディングといった

実制作よりは、

営業担当や交渉の窓口として

クライアントと関わる業務がメインとなります💡

 

 

Q:資格は必要なのか??

特に資格は必要ありませんが、

WEBに関する知識はもちろん。

プロジェクト全体のリーダーとして

スタッフをまとめるマネジメント力。

クライアントとの信頼関係を築くための交渉力や

コミュニケーション能力が求められます💡

 

さらに、高いクオリティを維持しつつ、

WEBサイトを制作運用するために

ワイヤーフレームを作成したり、

アクセス解析をしたりする作業能力も必要です。

そのため、クリエーター的思考も

大切になります😊💕

 

 

Q:どんなことをするのか??

簡単に仕事内容を紹介していきますね😊

 

企画立案(企画設計)

クライアントからの依頼をもとに、

どのようなコンテンツを制作するか

企画立案をして決定します。

アイデアを練り、全体の意見をまとめて企画を固めます。

 

予算運営

予算とスケジュールを考えた上で、

招集する制作スタッフの人数を決めます。

WEBサイトなどの制作が全てではなく、

クライアントが満足する成果をあげることと、

自社の利益を確保することがゴールです✨

限られた予算を効果的に運用することが

プロデューサーにとって重要となります!

 

制作スタッフの選定

実際に制作をするコンテンツが決定した段階で

最適な制作スタッフを選んでいきます。

 

制作全体の進行管理

WEBディレクターと進捗を確認しつつ

制作計画が問題なく進んでいるのかチェック✍

必要であれば打ち合わせを行って、

クライアントが求める

コンテンツを制作していきます。

 

制作物の最終チェック

ディレクターなどを交えて

企画設計通りのコンテンツが制作できているか、

クライアントの要望を反映できているのか確認。

 

以上が仕事内容となります💡

実際の制作現場での責任者は

ディレクターとなりますが、

企画全体の責任者であるプロデューサーは

企画から納品まで全てに関わります。

 

そのため、期待通りの成果があげられ、

利用者やクライアントに喜ばれることが

この仕事のやりがいなのではないでしょうか😊✨

 

 

まずは、WEB制作の基本から学べる

“グラフィックデザイン&イラスト専攻

授業体験をしてみてはいかがでしょうか??

 

 

他にも、ゲーム・アニメ・マンガ・イラストなど

さまざまな職種の体験授業、

オンラインでの説明会なども開催しているので、

ぜひHPからチェックしてみてくださいね🎵

👉オープンキャンパスのスケジュールはこちら

 

 

↓引用先↓

👉ナリカタ なりたい仕事のことを知る