クリエイターズブログ

【お仕事紹介】 #コピーライター #デザイン #グラフィックデザイン

こんにちは!

入局事務局の澤邉です😊

さっそくですが、本日のお仕事紹介へ👇

【コピーライター】

 

Q:どんな仕事なのか??

コピーライターとは、商品や企業を宣伝するため、
新聞・雑誌・ポスターなどのグラフィック広告、
テレビCM、ラジオCM、
ウェブサイトやバナー広告などに使用する
キャッチコピーを書く仕事です💡

 

商品やコンテンツの魅力を最大限に引き出し
購入者の心を掴む文言を考え、

「購入する」
「利用する」
「参加する」
「応募する」

へとつなげていきます✨

 

 

Q:資格は必要なのか??

絶対に必要という資格はありませんが、
あらゆる商品やコンテンツに合わせた文言を考えるため、
高い文章力と語彙力、
そしてオリジナリティのある
発想力が必要となります!!!

 

インパクトのある文言をつける
「ブランディングコピー」

 

販促ツールに文言をつける
「セールスコピー」

 

用途に合わせた文言をライティングする
「発想力」
「文章力」

 

就職に有利になるよう
「業界の知識」
「マーケティング力」

 

これらの力をつけておくと
アピールポイントになります🙆

 

 

Q:どんなことをするのか??

お仕事内容を簡単にご紹介👇

コンセプトを把握
まずは、広告したい商品の特徴や抱える課題、
広告の目的、予算などについて把握。

 

リサーチ
その後、市場を見極め、
ターゲット層の好み・流行などリサーチ。

商品に関するたくさんの資料を読んだり、

実際に商品が販売されている店頭に出向いたりして
調査を行うこともあります。

そして、この企画に関わる専門職とともに

打ち合わせを重ねながら、
クライアントへ提出するコピーを考えていきます。

 

コピーを考える
リサーチ結果をもとに、
広告を見た消費者が
思わず商品を手に取りたくなるような
コピーを考えていきます。

コピーはただインパクトがあるだけでは不十分。
斬新で、商品の魅力・特徴を
伝えられるものでなくてはなりません!

たくさんのコピー案を考え、
その中から1つのコピーが採用されます。

 

撮影などへの立ち会い
コピーを考えることだけではなく、
ポスターやCMなどの広告に使われる
写真・動画の撮影にも立ち会うこともあります。

広告企画がスタートしてから
実際に広告を世に送り出すまでの間、
広告のビジュアル面にも関わり、
ビジュアルとコピーとの間に
ズレが生じるのを防ぐことができるのです。

 

 

いかがでしたか????

「キャッチコピー」
「キャッチフレーズ」

これらは、たったの数文字という短文で
表現されるものもが多いですが、
見る人にインパクトを与え、
行動させる力を持っています✨

影響力のある
とてもやりがいのある仕事ですね♪

 

 

本校では、デジタル広告や
各種メディアを通じて
商品の魅力をPRできるデザイナーを目指せる
“デジタルデザイン”
“グラフィックデザイン&イラスト”

2つの専攻があり、
体験授業を行っています✨

 

まずは一度体験してみて下さいね♪

👉オープンキャンパスのスケジュールはこちら

 

 

↓引用先↓
👉ナリカタ なりたい仕事のことを知る