クリエイターズブログ

【お仕事紹介】#映像編集者 #映像 #CG 

こんにちは!

入局事務局の澤邉です😊

 

本日のお仕事紹介は、

【映像編集者】

 

Q:どんな仕事なのか??
 

映像素材を”決められた時間”に

収まるよう編集する

映画やテレビ番組制作における

仕上げの専門家です💡

 

映画やテレビなどで撮影された

たくさんの映像や、

国内外から送られてくる

ニュース映像などから、

利用する部分だけを選び抜いて

“放送する長さ”に合わせて

つなぎ合わせるのが、

映像編集者のおもな仕事です!

 

一般的な作品では、

監督やディレクターをはじめとする

スタッフと打ち合わせをして、

脚本や台本に沿って

利用する部分をつなぎ合わせていきます。

 

スポーツニュースなどで使用する

試合のダイジェスト映像などは、

短い時間で試合の見所を押さえた映像を作るため

作業スピードと的確な判断をくだせる

センスを必要とします。

 

また、バラエティ番組で使われる

過去に放送されたシーンのダイジェストや、

ワイドショーなどに使う

事件の再現シーンなども

映像編集者が手がけます。

 

バラエティ番組などで多用される

スーパー(出演者の言葉などを強調する文字)の挿入も

映像編集者のセンスが問われる

仕事のひとつです。

 
 

Q:資格は必要なのか??

 

特別な資格や免許は必要ありません。

 

しかし、特殊な仕事のため

就職前に業界のことを知り、

映像制作のおおまかな流れや、

そこで使用する映像機器や

音響機器などについての知識・技術を

身につけておくことをお勧めします。

 

また、制作事務所により

得意とする分野も異なるため、

自分が目指したいと思っている

映像ジャンルの知識も

可能な限り身につけておきたいものです。

 

たとえば、映画やドラマ制作以外にも、

CM映像が得意な制作事務所、

インターネット配信に向けた

映像に強い制作事務所、

コンピューターグラフィックスを駆使した

デジタル映像を専門的に扱う制作事務所など、

映像制作はさまざまなジャンルにおよんでいます。

 

これらのことを独学で身に付けるのは

少しむずかしいため、

専門的な学校で勉強するのも

業界で働くための近道といえるでしょう🎵

 

映像素材をよりおもしろいものにして、

視聴者に届けたい!

多くの人に正しい情報をすばやく的確に伝えたい!

映像づくりに携わるスタッフすべての努力を

むだにしないで優れた作品として世に送り出したい!

そのために、映像編集者は編集技術を身につけ、

センスを磨いていきます✨

 

たとえば番組のなかでのテンポや間のとりかた、

緩急のつけかたなどは、

昔の優れた映像作品や

現在人気のある作品をたくさん観て

参考にすることができます。

 

テレビや映画はもちろん、

演劇やスポーツなど幅広いジャンルに興味を持ち、

たくさんのものを見る努力。

見たことを吸収して

映像編集の仕事に活かせる応用力やアイデアは、

映像編集の仕事に必要な資質といえます。

 

もちろん細かい作業や複雑な仕事が多い職業なので、

それらを根気よく的確に

進めることができること。

締め切り前の作業が集中する時期を

乗り越える気力と体力も、

映像編集の現場で求められます。

 

ひとつのことを始めると夢中になれる集中力、

自分の考え方にとらわれずに

チームワークを大切にできる性格も、

映像編集者には向いているといえます。

 

もちろん、多くのスタッフとの

コミュニケーションをとるスキルや、

映像編集における機器の知識・技術は

最低限身につけておきましょう🙆✨

 
 

本校では、映像制作が学べる体験授業を

開催しています!!

ぜひ一度参加してみてくださいね😊

最新情報はコチラから
 
 

\ 本校の映像が学べる専攻はこちら /

CGクリエーター専攻

スーパーCG・映像クリエーター専攻

 
 

↓引用先↓

ナリカタ なりたい仕事のことを知る