クリエイターズブログ

【お仕事紹介】 #映画シナリオライター #映像 #3D #2D

こんにちは!

入局事務局の澤邉です😊

 

 

さっそくお仕事紹介👇

【映画シナリオライター】

 

 

Q:どんな仕事なのか??

映画作品の土台となる
ストーリーを生み出す映画の脚本家💡

登場人物のセリフや
映画のシナリオをつくる仕事です✨

ストーリーや登場人物を設定し、
登場人物のセリフや動き、
背景シーンの描写も含め
シナリオを書き上げていきます。

出演者や演出家は、
脚本を元に演技や演出を行うため、
この脚本が、設計図となります。

 

 

Q:資格は必要なのか??

資格は必要ありませんが、
面白いストーリーを考える
発想力・構成力はもちろん!

映像化した時の見え方も
イメージしながらつくる必要があるため、
客観的な視点や広い視野が必要となります。

映画制作やシナリオ制作の基礎を
学ぶと良いでしょう🙆

 

 

Q:どんなことをするのか??

簡単に各工程の説明していきますね💡

打ち合わせ
作品プロデューサー
監督
などから依頼を受けます。

持ち込まれた企画書や原作作品を読み、
キャストや公開時期などを考えます。

 

取材や資料集め
取材をしたり、資料を集めたり、
脚本を描くための準備を始めます。

ときには原作者と直接打ち合わせたり、
資料写真や映像を撮りに行ったり、
現場を取材したりもします。

 

脚本の執筆
いよいよ脚本を書き始めます。

はじめに登場人物についての設定や相関図、
あらすじや大きなエピソードなど
大まかなところを決めていき、
それを元に詳細な脚本を書いていきます。

そして、基本となるストーリー展開の中に、
登場人物から舞台設定、
アクション、セリフ、心理など
作品の要素となるものを
すべてを盛り込んでいきます。

 

完成・修正
脚本が完成すると、
プロデューサーや監督に提出し、
内容を確認してもらいます。

修正がある場合は、
都度書きなおしも必要となります。

脚本家が独断で決めていくのではなく、
いろいろな関係者と関わりながら
脚本を作りあげていくのです💡

 

 

自身で手掛けた映画作品が
たくさんの人々に感動を与えられる
とてもやりがいのある仕事ですよ♪

まずは映像の制作・シナリオ制作から
学んでみてはいかがでしょうか??

👉オープンキャンパスのスケジュールはこちら

 

 

 

↓引用先↓
👉ナリカタ なりたい仕事のことを知る