>>キャンパスニュースへ戻る

NCAの仲間たち

NCA動物園

 

オカメインコ

オカベーくん・エリーちゃん

頭の上に長く立つ冠羽があり、この羽を立てたりして感情表現をします。
羽のグレー部分が多く・濃い色はオカベー。黄色部分が多いのがエリー。

コガネメキシコインコ

マンゴーくん・オレンジくん

羽は成長とともに黄色が増えオレンジ色が濃くなり美しくなります。朗らかな性格で感情をストレートに表現します。

羽衣セキセイインコ

おいも(左)・カルピス(右)

両肩に花が咲いたように羽根が立っている、とても美しいセキセイインコです。

アキクサインコ

マク・ドナ・ルド

桃色ですごくかわいい!大人しくあまり泣かないけど、遊ぶことは大好きです。

キガシラアオハシインコ

モス

アキクサインコの3羽に対抗?してモスと名付けられました。少しビビりだけど、背中を向けると寄ってきます。

ベニコンゴウインコ

小町ちゃん・大和くん

体長は約90センチで世界で2番目に大きなインコです。お話も上手でいろいろな芸もできます。

ブンチョウ

スーモちゃん

日本では江戸時代初期から輸入され、その後新たな品種がつくられました。
手乗りすることもできるよ。

ドバト

ふうちゃん

よく授業に登場する人気もの。

烏骨鶏(ウコッケイ)

もこ・ふわ

特徴的な外見であることから、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれていました。2羽とも卵を産んでくれます。

ハリスホーク

ハリスくん

成鳥の体長は46-76センチ、翼長は110センチにもなります。
学園祭などのフライトショーで披露するため、毎日トレーニングに励んでいます。

ゴールデンハムスター

クロゴマ

人気が出てきた長毛種。
最近は、カラーのバリエーションも豊富になりました。

ジャンガリアンハムスター

マグロ・スー・シー

ゴールデンハムスターとは違い、相性が良ければ複数で飼育できます。反対に一匹での飼育は難しいです。目が悪いので耳と鼻で環境を把握しています。

フクロモモンガ

トイくん・ウメちゃん・もみじちゃん
あおばくん・わかばちゃん

オーストラリアに生息しています。
カンガルーと一緒で、お腹の袋で赤ちゃんを育てます。目の可愛さは、飼育室の中で一番!

ヨツユビハリネズミ

ハリ坊ちゃん・トゲゾー

体を覆う針は約6000~7000本もあります。
怒っているときや警戒しているときに体を丸めて針を立てます。

デグー

グリ・グラ

知能が高く、何種類かの鳴き声を使い分けて仲間とコミュニケーションをとります。この鳴き声に由来して、アンデスの歌うネズミとも言われいます。すっごく人懐っこい!

シマリス

ココ・ナツ

とっても可愛いシマリスちゃん。学校では2匹飼育しています。ずっと動き回っているので写真を撮るのか難しい・・・。

リチャードソンジリス

リチャード

リス科だけど、高い木に登ることはありません。野生環境では草原に穴を掘って暮らしています。巣穴は最長10mにもなるんだとか。

ミニウサギ

ジャックくん・おぐらくん・トーストちゃん・アリくん・としおくん・ローズくん・ミフィーちゃん・アッサムくん・コニーちゃん

NCAには10羽いるのですが、それぞれ性格が違います。飼育する時は、それぞれの性格に合わせた接し方をしなければいけなく大変です。

チンチラ

シオンくん

南アフリカ大陸のアンデス山脈に住んでいます。一番の特徴は、毛の滑らかさ。触った人にしか分からない。

モルモット

ゴマ・ダンゴ・カフェ・ラテ
ミケ・ジジ

体は大きいのですがネズミの仲間です。草食動物で一番好きな食べ物はコマツナです。

コモンリスザル

オスカー

NCAで1番活発な動物です。喜怒哀楽が、顔に出るのが特徴です。

ミーヤキャット

ティモン・ひまわり

アフリカの砂漠地帯に住んでいます。立って周りの様子を見る姿は、可愛くて癒されます。

フェレット

大豆・小豆

とっても遊び好き。音が鳴るおもちゃに目がありません。

ダマヤブワラビー

ききちゃん

小型のカンガルーです。後ろ足を使って跳ねるように動きます。好きな食べ物は、食パン。

マーラ

マーボー

ネズミ科の一種。胴体のわりに足が凄く細くて長いです。すっごく大人しいけど、走ると時速45キロにもなるとか!

シバヤギ

レミちゃん

高山地帯に住んでいるので高い所が大好き。校内では屋上にいます。草や野菜が大好きです。

ミニブタ

ぶうちゃん

食べるのが大好きでいろんな物を食べます。甘えん坊で座っている人の上に寝転ぶのが大好き。