情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

キャッシュメモリ

キャッシュメモリは、マイクロプロセッサ(CPU)とメインメモリの間にある高速記憶装置のこと。使用頻度の高いデータや命令のコピーを、メインメモリよりもCPU に近い位置にあるキャッシュメモリに蓄積し処理することで、アクセス時間を短縮することができる。単に「キャッシュ」とも呼ばれる。
例えばデータの重いWeb ページを開く際、読み込みに時間がかかり過ぎると、ユーザーがストレスを感じてページの利用を避けるようになる。それを回避するため、一度アクセスしたデータやよく使うデータのコピーをキャッシュが保持し、次のアクセスから高速記憶装置のキャッシュがデータを出入力する。ただキャッシュ機能は高速ではあるが容量が小さいため、限界に達すると古いものから削除していく。
コンピュータでは記憶装置(メインメモリ)の性能が処理装置(CPU)の性能に追いつけず、近年は処理装置の高性能化を受けて、さらに差が開いている。キャッシュメモリにはCPU キャッシュ、ディスクキャッシュなどの種類がある。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集