情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

インターフェイス

接点・境界・接合面・仲立ち・橋渡しなどの意味を持つ英単語で、IT業界においてはコンピュータや周辺機器の規格や仕様、接続する部分、データをやり取りする部分を指す。また、人とコンピュータの間で、情報のやり取りを仲介する仕組みのこと。
インターフェイスは大別すると3種類ある。ハードウェア同士を接続し、通信するためにコネクタの形状や電気信号の形式などを定める規格・仕様を「ハードウエアインターフェイス」(例:USB や無線LAN の差込口やWi-Fi の通信規格など)。プロフラム間でデータや指示をやり取りするための手順や形式を定めたものを「ソフトウエアインターフェイス」(例:店舗HP でGoogle マップが組み込まれたものなど)。人がコンピュータに情報入力したり、コンピュータが人に情報を表示する形式を「ユーザーインターフェイス」(例:マウスやキーボード、タッチパネルなど)という。
また、人と機械が情報をやり取りするための装置、例えば液晶画面やスピーカー、スイッチやボタン、リモコンなどを総称して「ヒューマンインターフェイス」と呼ぶこともある。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集