情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

IoT

IoT とは、Internet of Things の略であり、「モノのインターネット」と直訳し て呼ばれ、これまでインターネットとつながっていなかったモノが、ネットを経由して操作できたり、情報を確認したりできる仕組みを指す。
家庭内で言えば、エアコンや掃除機などは従来ネット接続が無くとも機能しますが、インターネットが接続されることで家に入る前にエアコンが最適な室内温度に調整してくれたり、ロボット掃除機として不在時に自動的に掃除を行なってくれるようになり、利便性が増すと言えます。
産業界でもIoT は多く活用されている。例えば、自動販売機に監視カメラを搭載し、地域の安全を守るほか、災害時の現地情報をいち早く取得することもできる。行政では、街中にあるゴミ箱にセンサーを設置し、溢れ具合を検知して情報を収集所へ送ることで、必要な箇所へのみゴミの収集へ向かうことができ、業務の効率化が実現できる。
さらに医療分野では、患者の体温や脈拍、血圧などのデータをどこでも知ることができれば、いち早く患者の変化に気づくことができ、病気や疾患をより早い段階で把握することが可能となる。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集