情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

画像認識

写真や映像などの画像データから情報の解析を行い、データに写っている対象を認識する技術を「画像認識技術」という。この画像認識が発展してきた背景には、ディープラーニングと呼ばれるコンピュータが自ら学習する技術が大きく貢献をしている。大量の画像データをコンピュータに学習させ、一つひとつのデータが持つ色や状態などを識別できるようにすることで画像認識が可能となる。
画像認識の活用にはAI(人工知能)が利用されることも多く、コンサートホールなどへ顔認証で入場できる利便性や、空港をはじめとした公共施設での犯罪者を検知するセキュリティの向上など、顔認証システムとしても画像認識の技術が大きな役割を果たしている。また、スマートフォンの一部でも顔認証によりロックの設定・解除ができるようになっており、画像認識はより私たちの身近な技術として取り入れられることが期待されている。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集