情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

パターン認識

文字、図形、音声などの入力情報をパターンとして蓄え、新しい入力情報と照らし合せてどのような情報かを認識すること。パターン認識の中で良く使われるのは、画像中の文字や文章を認識する「文字認識」、人間の発する声を分析し、発声者を識別したり文字列に変換する「音声認識」、画像の中から人や動物などの顔を認識する「顔認識」の3種類。スマートフォンでの写真撮影、音声認識による電話での航空券の予約や問い合わせなど、日常生活のあらゆるシーンで当たり前のように使われるようになってきている。
パターン認識と機械学習を組み合わせることで、これまで機械学習のみでは論理的に処理できない人間の顔などの「物体」も学習させることができるようになった。これにより、機械学習の幅が大きく広がり、AI の進化につながったと考えられている。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集