情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

データベース

データベースとは、大量のデータを集め、コンピュータでデータの追加や削除、検索しやすいように分類、蓄積したもののこと。通常はデータベース・ソフトを使って作るが、表計算ソフトで作成した住所録やスケジュール表も、一種のデータベースといえる。身近なところでは、チケットの予約システム、ブログ、オンラインショッピング、インターネットの検索サイトなど、web サイトのコンテンツ管理にデータベースが活用されている。
ベータベースの種類には、エクセルのような表で構成された関係型データベース、親データと子データが「1 対多数」の関係をもつ階層型データベース、「多数対多数」のネットワーク型データベース、膨大なデータをより速く処理するために開発された「NoSQL」などに分類される。
それぞれのデータベース製品や構造には長所、短所があるため、自社のサービスや事業の将来像を見すえた上で慎重に検討していくことが望ましい。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集