情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

脆弱性

ネットワークセキュリティの分野において、よく用いられる。システムやネットワークにおいて、想定外の操作などにより安全性がそこなわれてしまうなど、ネットワーク上におけるセキュリティ面の弱点、設計上の問題点などを、まとめて一つの概念として表す言葉。
脆弱性のあるソフトウエアは、ウイルス感染、詐欺などによる金銭被害、情報漏えい、サイト改ざんなどサーバー攻撃による被害を受けるリスクが高い。企業や自社サイトが脆弱性を放置することで、事故の発生→社会的信用の低下→業績悪化と負のスパイラルに陥りやすい。よって、企業における自社サイトでは、システムだけでなく、管理体制の警備やユーザー教育も含めた強固なセキュリティ対策が必要になってくる。Web アプリケーション診断、ネットワーク診断など、セキュリティのプロによる第三者のチェックを受けることも不可欠である。しっかり対策することで、大きな被害を受けるリスクは減り、もし攻撃されたとしても、最小限で食い止められるだろう。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集