情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

常時SSL化

常時SSL 化とは、ウェブサイトのすべてのページをSSL 化(HTTPS 化)すること。SSL 化されたウェブサイトは、URL の最初が「HTTPS」となり、通信の暗号化が保証される。
全ページを暗号化することで、いわゆる「フィッシング詐欺」やCookie の盗聴などの不正行為を防ぎ、ユーザーは安心してウェブサイトから個人情報やクレジットカード番号などの決済情報のやりとりができる。
国内の大手ウェブサービス企業では、すでに常時SSL 化が完了。Google 検索も常時SSL 化されたことにより、検索ランキングのランキングシグナルに残って自社ウェブサイトの分析データとして蓄積され、SE0 対策にも有効だ。
常時SSL 化するには、SSL サーバー証明書が必要。申し込むと、SSL サーバー証明書の認証局による審査があり、運営者の実在情報確認などが行われる。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集