情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

仮想化

コンピュータや記憶装置などのコンピュータ資源を、実際の構成とは異なるもののように見せかけて動作させる技術。複数のハードウェアを仮想化ソフトを使って統合することで、自由度の高いシステム構築が可能になる。1台のサーバーを複数台のコンピュータとして論理的に分割して運用効率を高めたり(サーバー仮想化)、ネットワーク上にある複数の外部記憶装置を1台のストレージとみなし、集中管理をしたりする(ストレージ仮想化)ことも可能である。
また、さまざまな処理が仮想化されたPC 上で行われる「デスクトップ仮想化」、仮想的なLAN の接続グループを作る「VLAN(Virtual LAN)」に代表される「ネットワークの仮想化」も、仮想化技術として知られている。
ハードウェアの効率的な運用による高機能なクラウドコンピューティング環境の構築や運用コストの削減、開発期間の短縮、さらにはセキュリティの向上など、仮想化には多くのメリットが挙げられ、システム運用における重要な技術のひとつとなっている。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

IT・テクノロジー用語集