情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

カンプ

デザインにおける「完成イメージ」「完成見本」のことで、全体のイメージを大まかにつかむためのラフから、さらにもう1 ステップ細かく具体的に指示したものを一般にカンプと呼ぶ。英語のcomprehensive layout から生まれた言葉で、「デザインカンプ」「モックアップ」とも呼ばれる。サムネやラフが社内共有用のビジュアルイメージだとすれば、カンプはどちらかというとプレゼン用・社外用に作られることが多い。
カンプ作成のメリットとしては、「デザインチームやクライアントとイメージの共有ができる」「作業効率がアップして完成までの時間短縮が図れる」「初期段階で修正ができる」などが挙げられる。
カンプ作成にはAdobe のIllustrator やPhotoshop、Fireworks のような画像作成のソフトや、PowerPoint やExcel などを使用する人もいる。デザインやWEB 制作の場合、先に進めば進むほど変更や修正は困難になるため、カンプを使って完成イメージを掴むことで早い段階での方向転換も可能となる。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

デザイン用語集