情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

ラフ

広告や紙媒体のデザイン制作の過程において、イメージを簡単に視覚化したものをラフという。英語のrough(大まかな・おおよその意味)からきた言葉で、ラフ案・ラフスケッチとも呼ばれる。デザイン工程では、サムネイル→ラフ→カンプという流れで制作することが多く、サムネイルよりも丁寧に、カンプよりも簡単に作ったものがラフである。
デザインの依頼主や広告主などのクライアントに対し、デザインのアイデアや完成イメージを提示する際にも使われる。手書きで描いたものやデジタルで制作したもの、ざっくりと仕上げられたものから細部まで作り込んだものなどその形態はさまざまで、用途によって使い分けが必要となる。もともとはポスターや雑誌など紙媒体で使用されてきた言葉だが、近年はWEB 業界においてもラフ制作の工程は必須となっている。
ラフはデザインの方向性を決める最初の段階であり、大まかなレイアウトがどうなるのか、一見して全体像がつかめることが重要である。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

デザイン用語集