情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

解像度

解像度とは、画像や表現の繊細さを表す数値のこと。主にdpi(dots per inch)やppi(pixel perinch)という単位で表され、1インチ(2.54 センチ)の幅に入るドット数・ピクセル数が解像度の数値になる。dpi は主に印刷物における画像密度を、ppi は主にデジタルデータでの画像密度を表す。
解像度の値が高ければ高いほど細やかで滑らか仕上がりになり、精密な部分まで表現できる。逆に低くなればきめ細やかさや滑らかさは失われ、出力時にドットが見えてギザギザした仕上がりになる。ただ解像度が高くなると、それに比例してデータの量が増えて重くなる。使用するプリンターや出力機器の限界を超えた解像度に設定しても、ただデータが重くなるだけで反映されないため注意が必要。また媒体によっても標準的な数値が決まっているので、むやみに高くする必要もない。
標準的な解像度としては、雑誌やパンフレット、チラシなどで300〜400dpi、新聞で120〜160dpiが推奨される。WEB 上の解像度は72dpi が一般的とされる。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

デザイン用語集