情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

ベタ

マンガ制作の工程で、指定された箇所を黒く塗りつぶす作業のこと。髪や影部分はもちろん、心理描写や強調表現などでも使用される。「ベタ」とはベタッと黒を塗ることが呼称の由来とされ、手塚治虫氏の編集担当者が名づけたとされる。
指定箇所を真っ黒に塗りつぶす「全面ベタ」や、光沢感を白く残して髪の毛などのツヤを表現する「ツヤベタ」、集中線とベタの技法を使って一瞬の強い光を表現する「ベタフラッシュ」など、さまざまな種類や技法がある。見せたい部分以外にベタを入れることで強調したい部分が際立ち、作者の意図を読者に伝えることができる。
ベタは一般的にアシスタントが行うことが多く、ベタ塗りしてほしい箇所に作者が「×」をつけておく。ベタ塗りには筆ペンやミリペン、サインペンなどが使われ、塗る箇所によって使い分ける。単純に見えるベタ塗りだが、インクが少なかったり、ペンの種類を変えて塗ったことでムラになる(ベタムラという)こともあるので注意を要する。ムラが出ないように均一に塗ることが望ましいが、近年はPCで調整できる場合も多い

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

イラスト・マンガ用語集