情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

ペン入れ

原稿用紙に描かれた下書きの上に、ペンで清書の線を入れる工程のこと。基本的には鉛筆で描いた下書きに、Gペンや丸ペンなどのペン先をインクをつけて描く旧式のペンを使って行う。このペンの使い方は、慣れるまである程度時間がかかる。近年は鉛筆の下書きを取り込み、コンピューター画面上でペン入れをしたり、下書きそのものもコンピュータで描いたりするケースも増えている。
Gペンは主に人物の主線や輪郭に使い、筆圧によって線の太さが自在に変えられる。丸ペンは強弱のある細めの線が描けるので、髪の毛などの細部の描写に適している。このほかにも、ミリペン(ドローイングペン)や筆ペンなど、アナログのペン入れにはさまざまな道具があり、好みや使いやすさ、作風などにより使い分けて清書する。
確実なペン入れをするためには、下書きの段階で完成形に近づけておくこと、迷いのない細い線で引いておくことが大切。インクが乾いてから下書きの鉛筆を消すが、インクが完全に乾かないとできないため、速乾性のインクを使用することが多い。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

イラスト・マンガ用語集