情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

e スポーツ

e スポーツとは「エレクトロニック・スポーツ」の略称。「イースポーツ」と読み、コンピューターゲーム(ビデオゲーム)を使ったプレイヤー同士の対戦を、スポーツ競技として捉える際の名称を指す。ゲームジャンルはスポーツや格闘、シューティング、戦略や戦術を競い合うRTS(リアルタイムストラテジー)、チームで相手の拠点を攻めるMOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)、トレーディングカードゲームなどさまざま。e スポーツ選手には、サッカーや野球といったフィジカルスポーツ(主に身体を使うスポーツ)と同様に、ゲームに応じた動体視力や反射神経、戦略、チームワークなどが求められる。
スマートフォンの普及や通信技術の進化がゲームの間口を広げ、e スポーツの市場規模は世界全体で約1,000 億円に達したともいわれる。世界ではIT 企業などをスポンサーとしたプロチームやプロリーグが多数存在し、多額の賞金を獲得できる大会も開催されている。日本国内の市場規模は海外に比べてまだまだ小さいものの、大手企業をはじめ多くの業界からの参入が相次ぎ、認知度が高まっている。

この用語はこちらの専攻でもっと学べます!

eスポーツ用語集