情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

拡張現実(AR)

拡張現実(AR)とは、「Augmented Reality」の略。仮想現実(VR)と対比される。拡張現実(AR)は、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、「現実」を「拡張」した表現を可能にする。拡張現実には、GPSなどを利用して自己位置を特定し、スマホ画面上に周辺の情報を合成表示するロケーションベースAR、カメラから取得した画像を解析し、デジタル情報を付加するビジョンベースAR、空間を3次元的に処理するSLAMの3つのタイプがある。
ロケーションベースARの事例としては、スマホのゲームアプリがよく知られている。
拡張現実(AR)は、主に広告や販促プロモーションの分野で活用されてきたが、近年では物流・在庫管理、メンテナンス、観光、地域活性などさまざまな分野での利用が急速に広がっている。現在も技術が発展途上にあり、VRと同様さらなる技術の進化が期待されている。

ゲーム・CG用語集