情報公開について

資料請求

オープンキャンパス

用語集

3DCG

縦横の2次元平面CGに奥行きが加わった3次元の立体画像を作る手法のことで、3 Demensional Computer Graphicsの頭文字を取ったもの。造形工程のモデリングから画像を貼り付けるテクスチャ・マッピング、コンポジット、ライティングなどの多くのプロセスを経て制作され、それぞれの作業は分業で行われることが多い。完成した立体画像や映像は、レンダリングによって2次元画像に落とし込んでから保存をする。3DCGの画像や映像を制作するためのソフトウェアは数多く存在し、価格差や機能差もあるが、制作するまでのプロセスはほぼ共通している。
コンピュータ技術の発達と性能向上でセットや小道具では再現できない精密な映像や仮想世界を作り上げられるため、映画やゲーム、テレビ、アニメーションなどの演出にはなくてはならない技術である。特にアニメの分野では、おびただしいセル画を描くことなくモデルとモーションで制作ができ、作業効率がアップすることから導入されることが多い。また工業デザインや建築、照明などの分野でも幅広く取り入れられ、人手不足やコストカットの面でも役立っている。

ゲーム・CG用語集