留学生に対する
日本での就労支援

2019年から
日本で就職できる可能性が
広がりました!

2019年4月1日より改正入管法がスタートし、「特定技能」を持つ外国人が日本で就労しやすくなりました。

これまでは・・・ 在留資格
特定活動

日本料理店に限定された調理業務(最大5年間)

これからは!! 在留資格
「特定技能1号」外食分野

パティシエ・料理人として、レストランやカフェのキッチンで調理業務への就業できるほか、 ホテルやカフェの料飲部門などでバリスタとして働くことができます!(最大5年間)


在留資格
「特定技能1号」飲食料品製造分野

パティスリー・パン屋などの小売店や、製菓・食品製造企業のセントラルキッチン(集中調理施設)で、製造業務に携わることができます!(最大5年間)

新在留資格特定技能1号とは?

特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格のこと。

今の日本は少子高齢化により慢性的など労働力不足が社会問題となっています。
この問題の解決で期待されているのが、一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人です。

「新在留資格特定技能1号」 は国が認定した特定産業分野(14分野)※2019年12月現在において、
専門性と技能を持つ外国人に対して、最長5年間、日本で働くことを認める新しい在留資格です。
2019年4月1日からこの法が施行されたことによって、
専門性と技能を持っている外国人留学生の日本で働きたいという夢を叶えることができるのです。

「技能実習」と
「特定技能」の違い

技能実習

習得した技術や知識を日本で働きながら修得し、近い将来、母国の発展に活かしてもらうことが目的。

  • 【在留期間】
    2年以内
  • 【転職】
    原則としてできない
  • 【多い職業】
    農家や漁業、建築現場、清掃など
特定技能

専門性・技能力がある外国人に対して、他の日本人と同様に日本で就業してもらうことを目的としている。

  • 【在留期間】
    最長5年
  • 【転職】
    同一業種内で可能
  • 【多い職業】
    レストランやカフェなどの飲食業、ホテルなどの宿泊業など

名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校は
日本での就職を
しっかりサポートします!

名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校は、在留資格取得のサポートはもちろん、
日本人と同じ条件でより良い就職に就けるように、対策授業や就職サポートを行なっています。

日本語授業

  • 日本語授業

    名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校では、日常会話などの基本的な日本語力をつける日本語授業のカリキュラムがあります。
    ※週1コマ(90分)授業×2年間

  • 専門用語教育

    日本のカフェやレストランでパティシエや調理師として働くには、業界の専門用語が不可欠です。
    名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校では、技術・知識・日本語力を兼ね備えた即戦力となるための専門用語教育を行っています。

  • コミュニケーションスキル教育

    仕事でも日常生活でも重要になってくるコミュニケーションスキル。
    名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校には、日本で就職し働く上で不可欠なコミュニケーションを学ぶシステムがあります。

日本での就職サポート

  • 学内企業説明会

    名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校では、長年の採用実績から、企業の採用担当者やお店のオーナーが来校して企業説明会を開催。
    その場で就職に関する情報を聞くことができます。

  • 面接履歴書指導

    履歴書の添削指導を行っているので、日本語が苦手な留学生も安心。履歴書の書き方もゼロから丁寧に指導します。

  • 就職相談

    専任スタッフが一人ひとりの将来の希望を聞き、他の日本人と同じように働いていけるように、研修・就職・転職のアドバイスをします。

名古屋カフェ・パティシエ&調理専門学校の
ここがスゴイ!

業界連携スゴイ

人気・有名店から一流ホテルのシェフやパティシエが講師として直接指導。基礎から学ぶのはもちろん、現場で求められる応用までしっかり学べます。

就職後の就労サポートスゴイ

無事就職し卒業した後も、希望にあわせてキャリアアップや開業のサポートを行います。
あなたのことを知っている学校があなたの希望に合わせたステップを一緒に考えますので、留学生も安心です。