おいしい日記 (製菓・製パン科/調理師科/カフェ総合科)

授業でコミュニケーション

こんにち入学事務局の加藤です。

校舎の外からにぎやかな声が窓ごしにのぞいてみると・・・手をつないで二つの円ができてる~

Photo_2

実はコレ、授業中なんです
近くまで行ってみると・・・、

Photo_3

手をつないだままフラフープを隣に移動していきます。

Photo_4

手をつないでいるから大変「よいしょっと」

Photo_5

声をかけあって1周していくのです

Photo_6

もちろん、時間を計ってね

Photo_7

これは「ショップコーディネート」の最後の授業。

どうしたらもっと早くできるのか?を考え、実行する。自分一人ではなく、みんなで考えて実行して結果を出す。

つまり、一つのプロジェクトを成功させるためには、協調性や積極性が必要であることを学ぶものなのです。

教えてくれる先生は、横江先生
愛情たっぷりの厳しくも熱い先生です。

Photo_8

「ショップコーディネート」の授業では、「お店作り」を学んでいきます。

「お店は人でできている。
だからコミュニケーションが大切。
お客様だけでなく、スタッフとのコミュニケーションも大切。

全員参加の強いチームを作ることがお店作りにつながる。
これを今後に活かして欲しい」
と、横江先生。

最後にグループごと意見をまとめます。

Photo_10

Photo_11

最初は意見も少なく、まとまりのなかったグループも最後には自然と拍手が起こるほど体と頭でコミュニケーションを学んだ時間でした。

このあとのお掃除も、全員参加はもちろんのこと、「お掃除終わり~」の拍手まで起こったとか・・・。

なんといういいクラス素晴らしい学生たちなのでしょう

カフェ総合科1年生バンザーイ