ECO日記 (エコ・コミュニケーション科)

動物園・動物飼育専攻の特別講義

こんにちは

ヘアーチェンジをして気分新たに新学期をスタートした富田です。

先日、新2年生を対象に『動物の解剖』の特別講義を行いました

解剖したのは動物園・動物飼育専攻の飼育室で亡くなった飼育動物たちです。

動物園の飼育員は、担当していた動物の解剖に立ち会い、死因をつきとめ
今後の飼育に生かしていきます。

学生も同じように、自分たちが飼育した動物の死因をつきとめ、
1分1秒でも長く生きてもらうために飼育方法を改善していきます。

普段の授業で学んできた動物のからだのしくみを思い出しながら、まずは獣医師の先生方にデモンストレーションしてもらいました。

Photo

みんな真剣にメモを取りながら、観察・質問したりしていました。

Photo_2

デモンストレーションのあとは、各班に分かれて実際に学生たちが解剖を行い動物たちの情報を共有するためにホワイトボードに記入もしました

Photo_3

Photo_4

そして解剖の最初と最後には、勉強をさせてくれた動物たちに黙祷。

今回の解剖を終えて、今後の彼、彼女たちの成長に期待します