ECO日記 (エコ・コミュニケーション科)

ドルフィントレーナー専攻〜校外実習Part1〜

こんにちは!教務スタッフの楠本です。

ドルフィントレーナー専攻1年生の校外実習の様子をお届けします!

名古屋を出て4時間半。
まず最初の実習先は、


太地町にある、くじらの博物館。

ここは、自然の入り江を利用してイルカやクジラを飼育・ショーやふれあいを行っていたり、

貴重なイルカやクジラの骨格標本や、

生態について沢山の資料などが展示されている施設です。

これは、クジラの口の中が再現されたもの。
おっきい!!

見学だけではなく、スタッフの方からのレクチャーもあります

レクチャーをしてくれたのは、NCAの姉妹校、OCAの卒業生の方です。

また、夜は翌日訪れる、ドルフィンリゾートのスタッフの方が宿泊先に来てレクチャーをしてくれました。

こちらは、NCAの卒業生!

実習後にレポートを作成する為、真剣にメモをしています。

イルカのトレーニングのお話はもちろん、在校生に色んなアドバイスもしてくれました。

さぁ、この次はいよいよイルカを目の前にしての実習です!
実際にサインを出したりしますが、上手くいくのでしょうか!?

続きはまたブログで紹介します!